不正投票&パクリ!『ラーメン日本一決定戦』モノマネ芸人がやりたい放題

まいじつ

2018/10/13 16:00

HEY!たくちゃん 
(C)まいじつ 

モノマネ芸人の『HEY! たくちゃん』が、10月10日、自身のブログを更新し、東京・新宿の大久保公園で開催されている『大つけ麺博 10周年特別企画 ラーメン日本一決定戦』で、不正に投票を呼び掛けたことを謝罪した。

《この度、私HEY!たくちゃんこと藤谷拓廊は、36店舗が真剣に闘っている大つけ麺博ラーメン日本一決定戦において、1票でも多くの投票が欲しいという思いから、過剰な盛り付けや、不正な呼び掛けをしてしまいました。自分に自信が持てず不安な気持ちから、本来やってはいけないと理解しながら不正に走ってしまいました。すべて、私の修行不足と弱い心から引き起こしたことです。応援いただいた皆さまを裏切る形になってしまいました。本当に申し訳ございません。これからは、より一層真摯にラーメンに向かい合って行きます》

このような謝罪文をつづったたくちゃんだが、2012年、渋谷に『鬼そば藤谷』をオープンすると、「塩ラーメンがおいしい!」とまたた瞬く間に行列ができるほどの人気店になり、もともとおいしさには定評があった。しかし今回、何としてでも“日本一”の称号が欲しかったのか、投票を約束してくれた客に500円の商品を無料提供していたという。

ネット上では、そんなたくちゃんの不正行為に、

《どうせラーメンの味もパクってるんだろ》
《そもそも、モノマネ自体も他人の芸のパクリだったじゃん》
《HEY! パクちゃん》

など、ユーモアもこめながらも手厳しい声が広がってしまった

芸同様にラーメンも“モノマネ”


「たくちゃんの不正グセは業界内で有名です。TBS『水曜日のダウンタウン』では、モノマネ芸人の古賀シュウから『井筒和幸監督を丸パクちゃんされた』と告発され、たくちゃんはパクリを認めていました。他にもコージー冨田のタモリネタなどもパクったことが明らかになっており、そのクズっぷりに、ネット上では『安田大サーカス』のクロちゃんになぞられ『第2のクロちゃん』と呼ばれています」(芸能記者)

ラーメン激戦区の渋谷でオープン以来、6年間店を続けているたくちゃんだが、開店するにあたり、あのラーメン界の巨匠・佐野実氏にアドバイスを受けていたという。しかし、そのラーメン自体も地方のラーメン特集で評判の店の味をパクっていたことを自ら公言。つまり、たくちゃんのラーメンは“モノマネラーメン”なのだ。

16年の『大つけ麺博』で、ラーメン部門で見事優勝を果たしている『鬼そば藤谷』。しかし、たくちゃんの過去の所業をみると、本当に客から評価された上での結果だったのか、今となっては大いに疑問が残る。

今後のラーメン店の経営にも暗雲が立ちこめかねないが、果たして…。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ