千葉雄大、舞台挨拶で“新たな色気”アピール 阿部サダヲも「見たことない」と太鼓判

AbemaTIMES

2018/10/13 14:20


 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開記念舞台挨拶が10月13日、TOHシネマズ 新宿にて開催され、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、田中哲司、ふせえり、三木聡監督が登壇。千葉が色気を出す芝居に自信をのぞかせる一幕があった。

 本作は、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)を中心に繰り広げられる、ハイテンション・ロック・コメディ。

今回の舞台挨拶では、シンから熱いメッセージを受け取り、ふうかの運命が変わっていくストーリーにちなみ、自分が変わるきっかけになった言葉をキャスト陣が発表。千葉は役者仲間から「千葉は役じゃない時は本当に色気ないよね」と言われたエピソードを語った。この時、千葉は「逆を返すと役の時は多少でも色気が出ているのか」と前向きに捉え、自信を持つきっかけになったそうだ。

 シンのレコード会社の担当者・坂口を演じている千葉。本作では、田中扮するシンの所属事務所社長とのシーンで新たな色気を披露しているという。千葉は「田中さんとご一緒したシーンでは多少(色気が)出ているのかなと思うので。そのシーンを楽しみに見ていただきたい」とアピールした。

 ふせえりが「そこは見どころなんですよ。私もグッときました」とプッシュしたのに続き、阿部も「ああいう色気の出し方は初めてじゃない?見たことないもの」とうなずいていた。

 阿部は「自分が変わるきっかけになった言葉」として、中学生ぐらいの時に、同級生のお母さんから言われた「阿部くんは30歳ぐらいになったら売れるよ」という言葉を挙げた。その頃なりたかった職業はプロ野球選手で、俳優を目指していたわけではないそうだが、「それがどっかで引っかかって、押されたのかもしれないですね」としみじみ振り返った。

 また、舞台挨拶の後半では、特製のくす玉を割って映画の公開を祝う場面も。垂れ幕の「テンションを上げろ!!」という文字は、阿部と吉岡によって書かれたそうだが、2人でどのように書いたのか聞かれると、阿部は「ビックリマークしか書いていません」と苦笑い。

 一方の吉岡は書道の腕前を活かし、達筆ぶりを披露していたものの「この『ろ』に私の一歩踏み出せない感じが出ていて。阿部さんがビックリマーク書かれると伺っていたので、もうちょっと豪快にいきたかったんですけど」と納得がいかない様子。「私の性格が出ています」と恥ずかしそうに笑顔を浮かべていた。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は全国公開中。

テキスト・写真:水野梨香

あなたにおすすめ