村上佳菜子、バラエティの師匠・織田信成から「大丈夫か?」と心配

AbemaTIMES

2018/10/13 14:35


 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開記念ロンドンバス出陣セレモニーが12日、大阪市内で行われ、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子(23)が登場した。

同映画は、1991年に45歳の若さでこの世を去った、世界的人気ロックバンド・クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの知られざる生きざまを描いた物語。

 クイーンの曲をよく聴いていて、プロフィギュアスケーターの町田樹(28)が使用したこともある楽曲「Don’t Stop Me Now」がお気に入りだという村上。「『Don’t Stop Me Now』も、今回『プリンスアイスワールド』というショーがあるんですけれど、その中でもキャストの人たちが滑っていて」と話し、「私すごくそのナンバーが大好きで、ショーのとき、私その曲のときは滑らないんですけれど、端のほうに行って、一緒になって踊って。それをちょっとアップ代わりにしていたという」とエピソードを明かした。

 イベント内で、フレディのポーズを披露した村上。頼まれたら断らない姿勢を、バラエティ番組の師匠と慕う織田信成(31)が心配しているという。村上は「いつも大体、師匠の織田くんとかにも、あんまりいろいろやりすぎちゃって『大丈夫か?』と心配されるくらいなので……」と話しつつ、「やっちゃうんですよね」と明るい笑顔を見せた。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

▶︎ 10/14日(日) 19:00~21:00 『織田信成のフィギュアベマ!!!!4~GPシリーズ開幕直前SP』を放送

あなたにおすすめ