驚くほどの大繁盛! イギリスの魚屋で「日本人女性が働いた結果」がスゴい

しらべぇ

2018/10/13 14:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

イギリス・ロンドンにあるフランス系の魚屋で、日本人の女性が勤めた結果、ものすごい盛況を見せているようだ。

その店はロンドンの高級住宅街・プリムローズヒルにあり、ロンドン市内だけでなく、遠方からも美味しい魚を求める客足が絶えない。

■イギリスの魚屋で働く由香さんに取材


(©ニュースサイトしらべぇ)

その女性・由香さんはこの魚屋に勤められて8年になり、店舗だけでなくTwitterインスタグラムで「プリヒル姉さん」として活動。

定期的に魚のさばき方教室を開いたり、由香さん手作りの惣菜を作ったときはSNSでの告知も欠かさず行っている。そんな由香さんに、イギリスの魚屋に勤める苦労やこだわりについて、詳しく聞いてみたぞ。

■イギリス人はどのような魚が定番?


(©ニュースサイトしらべぇ)

「イギリス料理ではフィッシュアンドチップスが有名なとおり、やはりタラが定番の魚ですね。私の働く店だけでなくイギリスの魚屋では、必ずといっていいほどタラとサーモンはあります。

また、テレビで料理をするシェフがここ数年のあいだにスズキを使ったみたいで、今スズキもよく売れています」

■刺身を提供するのはやはり大変?


(©ニュースサイトしらべぇ)

「やはり私は日本人ですから、変な魚は置きたくないので大変です。

でもイギリスの魚も少しずつ質が上がってきており、働き始めたころはサーモンとマグロしかなかったのが、いまは他の魚も出せるようになりました」

■惣菜で人気の商品は?


(©ニュースサイトしらべぇ)

「ダントツで中華ワカメです。あと、ヘルシー志向なイギリス人はもずく酢も好きですね。ヨーロッパ人は海藻を食べないと思いがちですがそんなことはなく、海苔も寿司に使っているものなら食べます」

■魔女の宅急便で出てくるような『ニシンのパイ』は定番?


(©ニュースサイトしらべぇ)

「ニシンはあまりイギリス人は食べないですね。でも、焼いた燻製ニシンのポーチドエッグ添えは伝統的なイギリス家庭の朝食で食べるみたいです。」

■日本のお菓子も売られているが人気商品は?


(©ニュースサイトしらべぇ)

「おにぎりせんべいが人気です。あとは亀田のえび薄焼きや、湖池屋のポテトチップスですね。海苔のスナックや韓国海苔も人気ですよ」

■刺身はボリューム満点で12.5ポンド


(©ニュースサイトしらべぇ)

イギリス人もトロの美味しさに気づき始めたのにはちょっとビックリしたが、それだけ由香さんの魚屋で食べられる刺身の質が良いのだろう。

コレで12.5ポンドとは、イギリス価格にしては相当頑張ってるほうではないだろうか?

■お食い初め文化も輸出!?


(©ニュースサイトしらべぇ)

また、由香さんは美味しい魚を提供するだけでなく、魚にまつわる日本の文化もイギリスに伝えているようだ。

たとえば由香さんがお食い初めの鯛を客に提供しているのを見たフランス人オーナーが、自分の子供が生まれたときに最大級に大きい鯛を買い、由香さんに焼いてもらい見様見真似で実践するというほほえましい光景も。

文化の違う外国で日本と同じ儀式がなかなかできない中、こうしてお食い初めが外国でもできるのは、由香さんもとても嬉しいと喜んでいた。

■シャンペンバーもオープン




ちなみに、由香さんの勤めている魚屋は先日シャンパン・シーフードバーもオープン。こちらも彼女の人気あってか、開店初日から大繁盛していたようだ。

イギリス人だけでなく、現地在住の日本人にも大人気の由香さん、これからも頑張って美味しい魚を皆に届けてほしい。

・合わせて読みたい→ヤバい予感しかしない… イオンの衝撃的新商品『ナイルティラピアの刺身』を食べてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

あなたにおすすめ