iPhone基本の「き」 第319回 iOS 12の新機能「スクリーンタイム」の使い方 - 子どもの使用時間を管理する方法


前回はiOS 12の新機能「スクリーンタイム」の使い方をご紹介しました。iPhoneの使用時間を確認したり、アプリの使用時間を制限するといったことが可能ですが、これで子どものiPhoneを管理できたらいいのに……と思った保護者の皆さん、今回はその方法をご紹介します。

なお、スクリーンタイムの機能自体は自分のiPhoneで使用する場合とほとんど変わりません。まずは自分のiPhoneに設定して、どのような機能か確認してみると良いでしょう。スクリーンタイムの使い方について、詳しくはこちらでご紹介しています。
○準備:お子さんのiPhoneを「ファミリー共有」する方法

お子さんのiPhoneをスクリーンタイムで管理するには、その端末を「ファミリー共有」に登録する必要があります。

引き続き、別のお子さんを追加することも可能です。また、後からでも追加できます。
○(1)お子さんのiPhoneにスクリーンタイムを設定する方法(初回)

続けて、スクリーンタイムの設定を行います。

○(2)スクリーンタイムの設定を変更する方法

休止時間の設定やアプリ使用時間の制限は、後から変更できます。

○(3)使用時間の延長を許可する方法

お子さんが休止時間中にiPhoneを使用したり、使用時間の制限を超えてアプリを使用する場合、保護者に許可を求めることができます。

許可されると、お子さんのiPhoneで再びアプリが使用できる状態になります。

あなたにおすすめ