気持ち良いくらいに切れる! ダイソーの「ネギカッター」を試してみた

ママテナ

2018/10/13 12:00


ラーメンや煮物など、色んな料理に華を添える白髪ねぎ。でも、白髪ねぎを包丁で切るとなると、時間もかかりとても面倒…。そんな時に役立つであろう便利アイテムをダイソーで発見しました。
気持ち良いくらいに切れる! ダイソーの「ネギカッター」を試してみた気持ち良いくらいに切れる! ダイソーの「ネギカッター」を試してみた

すごくスムーズでいつまでも切っていられる!


その便利アイテムの名は、「ネギカッター」(税込108円)。細かい刃がいくつかあり、「かぎ爪」のような形をしています。この「かぎ爪」のような刃をネギに引っ掛けて引くと、簡単に白髪ねぎができるという構造のようです。どのくらい切れるか、実際にネギを切ってみました。用意するものは、(1)長ネギと、(2)包丁と、(3)「ネギカッター」の3つ。手順は以下の通りです。1)ネギの根本を包丁で切り落とす2)「ネギカッター」の刃を、切り落とした逆の方から下へ引くように裂いていけば完成!

たったの2ステップで白髪ねぎができました! 「ネギカッター」の刃が下を向いていることを確認してから、ネギに当てましょう。そして、そのまま繊維に沿って、力をあまり入れず、スーッと軽い感じで引いていくとうまく切れます。刃物なので、ケガをしないように注意をしてくださいね。また、ネギを回しながら均等に切るよう意識するのもコツ。ネギがつながるなど、途中で切れてしまったりすることなく、終始スムーズに切ることができ、あまりに簡単でびっくり。白髪ねぎを実際に包丁で切ると時間がかかりますが、「ネギカッター」だと5分もかからなかったです。
気持ち良いくらいに切れる! ダイソーの「ネギカッター」を試してみた

飾り切りもラクラク♪


じつは、「ネギカッター」は、白髪ねぎ以外の食材にも使えるんです。この特徴的な刃の形を利用して、こんにゃくの表面に飾り切りをしてみました。

思っていた通り、きれいな切り口! これなら、煮物などを作るときにも、手軽にきれいな飾り切りができそうです。なすの飾り切りにも同様に使えそう。「ネギカッター」は思っていたより使いやすく、筆者が使ってきた100円ピーラーのなかでも一番簡単に使えて気持ち良いくらいに切れました。それも、切っている途中で楽しくなるほど。お近くのダイソーで見かけたら、ぜひ買ってみてください。(文・宇田川エリカ/考務店)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ