King&Prince、『ZIP!』新体操企画が風間俊介やSexy Zone・中島から高評価のワケ


 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内のKing&Princeの冠コーナー「弟子入り~DESHIIRI」。10月8~12日は、前週に引き続き6人全員で国士館大学多摩キャンパスの“男子新体操”に弟子入りし、「King&Prince男子新体操部」に励む様子が放送された。

平野紫耀は腰痛悪化で離脱しているため、5人でのスタートになったのだが、今回は男子新体操の中でもよく使われる技“鹿倒立”に挑戦。逆立ちで足を鹿のツノようにピンと伸ばすのはもちろん、メンバーの動きをシンクロさせることが重要ポイントだ。

見学中の平野に、「今から紫耀の目の前に鹿5頭現れるから見といて!」と宣言した永瀬廉だったが、高橋海人を除く4人は失敗。ただ、それでも「どうよ?」と凛々しい表情で問うてくる永瀬に、平野は思わず「いや……」と言葉を失っていたが、ほかのメンバーからも次々に「どう?」「OK?」と声をかけられ、最終的には「OK!」と忖度していたのだった。

月曜メインMCの風間俊介は、この日、2ndシングル「Memorial」の披露でZIPスタジオを訪れていたKing&Princeと一緒にVTRを見ており、「新体操としては、ちょっと心配な部分はあるんですけど、VTRとしては100点でした」とコメント。これにはメンバーも安堵した表情を浮かべていたのであった。

そして次は、高橋、永瀬、神宮寺勇太が土台となり、1人がその上に乗ってジャンプする“閉脚ジャンプ”に挑戦。飛ばされる人は体重が軽い人がいいということで、「(岩橋)玄樹しかいないっしょ!」(岸優太)と決定するも、本人は「高所恐怖症なんだけど」と不安げ。早速練習してみるも「ちょっとビビりすぎじゃないか?」と師匠に言われてしまうほど、岩橋は「マジ無理、マジ無理。めっちゃ怖い」と拒否反応を示したのだった。

だが「やるしかないよね!」と自分自身にカツを入れ、兄弟子たちの力を借りてひたすら練習。そしてメンバーとの組技を成功させたのだが、平野は「カッコよかったよ!」と称賛しつつ「でもちょいちょい気になるところがあったけど。どうしても“黒ひげ危機一髪”にしか見えない」とコメントし、「おい、なんだそれ」と岩橋を苦笑いさせていたのだった。

それからは、きらびやかな衣装に着替えて、いざ本番へ。通し稽古の段階では、息も合わず、閉脚ジャンプもできなくなるというスランプに陥り、もう誰もしゃべれなくなるほどに疲弊していたのだが、「アクロバティックなところをビビらずにできたら……いいんじゃない?」という平野の声援を受けて、5人は立ち上がった。

本番では「Memorial」に収録されているカップリング曲「High On Love!」に合わせて演技を披露し、最後は平野を入れ6人でフィニッシュすることに成功。

そして、VTR放送の最終日に、ちょうど新ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』(同)の番組宣伝で『ZIP!』に登場していたSexy Zoneの中島健人は「岩橋玄樹くんのジャンピング投げキッスがすごく素敵でした」と高評価のコメント。「高所恐怖症を克服してかっこいい姿を見せてくれたんで良かったです」と後輩の頑張りを称えたのであった。
(華山いの)

あなたにおすすめ