和歌山近代美術館で「コレクション展2018 夏秋」開催中

Walkerplus

2018/10/13 11:00

8月4日(土)から10月21日(日)の期間、和歌山近代美術館で「コレクション展2018 夏秋」が開催されている。

和歌山県立近代美術館のコレクション展では、日本画・洋画・彫刻・版画など、総数 1 万点を超える所蔵品を季節ごとに展示替えし、特集コーナーも設けながら作品紹介している。

また、滋賀県立近代美術館が大規模な増築・改修を行うにあたり、その休館期間中、 同館が誇るコレクションの一部を和歌山近代美術館で公開。ふたつの近代美術館のコレクションなどにより、「和歌山ゆかりの 作家と近代美術」「特集 院展の画家たち III」「戦後日本の美術」「アメリカ抽象表現主 義と現代美術」「特集 鈴木昭男 音と場の探究」のコーナーごとに、作品を鑑賞することができる。

さらに特集展示として、「鈴木昭男 音と場の探究 」を同時開催。日本におけるサウンド・アートの先駆者として知られる鈴木昭男のこれまでの活動を、資料などによって振り返る特集展示を鑑賞することができる。

この期間にしか体験することのできない、ボリューム満載の展覧会。芸術の秋、和歌山近代美術館に本物の作品を見に出かけよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

https://news.walkerplus.com/article/165379/

あなたにおすすめ