「ヤバイと思って就活のときに削除」 SNSのアカウントを持っていない理由とは

しらべぇ

2018/10/13 11:00


(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

インターネットといえば、少し前までブラウザから検索するのが主流であった。しかし今ではSNSをメインに情報収集をし、ブラウザはたまに利用するくらいという人も増えている。

■3割近くがSNSのアカウントを持たず


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,363名を対象に、「SNSの利用について」の調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

その結果、「SNSのアカウントをまったく持っていない」と答えた人は、全体で29.6%だった。

Twitterやインスタがないと生きていけないほど熱中している人がいる一方で、アカウントさえ持っていない人がいるのだから不思議なものだ。

■つぶやくことがないので…


性年代別では、男女共に年代が上がるほどに割合が多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

アカウントを持っても、つぶやくことがないと思っている人も。

「ネットで検索するだけで十分なので、SNSまで使おうとは思わない。アカウントがあっても、つぶやくこともとくにないし…。

観るだけだったらアカウントがなくてもできるから、今のところは必要性を感じていない」(50代・女性)

■就活のときにヤバイと思いアカウント削除


若い世代では、就活のためにアカウントを消した人も多い。

「学生時代にはTwitterで狂ったようにツイートしてたけど、就活のときにヤバイと思ってアカウントを削除。Facebookも同様に消した。インスタは鍵をかけているけれど、ほとんど放置。

社会人になってからは仕事を覚えるのが大変で、SNSはそれほど興味がなくなった感じかな」(20代・男性)

■SNSに戻る理由は…


一方で仕事に慣れて、SNSに戻るパターンも。

「私も就職して仕事で精一杯の時期にはSNSから離れていたけれど、慣れてきた頃に恋しくなってきた。今は再度アカウントを作って、仕事の愚痴とかつぶやいている。

仕事のストレス発散の場所が、SNSになっている感じ。身バレは怖いから、自分がわかりそうなことは絶対につぶやかないようにしているけど…」(20代・女性)

SNSのアカウントを持っていない人も、いざ使ってみたらハマるかも。

・合わせて読みたい→これからも使い続けるつもりのSNSは? 1位になったのは…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ