二宮和也が明かした「洗い流したくなるような出来事」とは?

ザテレビジョン

2018/10/13 09:00

嵐の二宮和也が出演する日立アプライアンス株式会社の新CMが10月14日から全国でオンエア開始。共演の赤ちゃんに優しく接する二宮にキュンとする、“ハピネス”いっぱいのCMだ。

同CMは、今春オンエアされた第1弾の相葉雅樹に続き、「ハロー!ハピネス」をテーマにした新シリーズの第2弾。二宮は“ハピネス”を擬人化したキャラクターとして登場する。

赤ちゃんのいる3人家族の家に日立のルームエアコン「白くまくん」とともに現れた二宮は、笑顔で「ハロー!」。熱を込めて「白くまくん」の機能を説明し、最後は「ホコリまで洗い流す!」と完璧なキメ顔で締めくくる、という内容だ。さらに、30秒版CMでは二宮が腹話術を披露するシーンも。赤ちゃんの隣で「キレイなクウキ、スキ!」と茶目っ気たっぷりに赤ちゃんの声真似を披露する。

赤ちゃんとの共演シーンでは、赤ちゃんの笑顔につられて時折笑顔もこぼれた二宮。赤ちゃんが不安そうな表情を浮かべると、目を大きく見開いて「がんばれ!」とあやすようににこやかに話しかける場面も。“凍結洗浄”と呼ばれる日立製品独自の機能を解説するシーンでは、時間をかけてエアコン内部を凍結させたものの赤ちゃんが泣き始め、撮影は一時中断。二宮は「せっかく凍ったけど、(赤ちゃんは)そんなことわからないよね(笑)」と笑顔でコメントし、場を和ませていた。

“凍結洗浄”にちなみ、最近“凍りついた”出来事を聞かれた二宮は、「凍りつくような出来事は、最近あまりないかもしれないですね。意外と平和に暮らせているような気がします!」とニッコリ。

これまでに経験した“洗い流したくなる”ような出来事は「遅刻!」と即答。「僕ら(出演者)は全てをセッティングしてもらった上で入ってくれば良い、一番(会場入りが)遅い人物なのに、その人物が遅刻をするというのは・・・ワクワクしますよ!逆に(笑)!洗い流したいですね、本当に。さすがに大人になってからは無いですけど(笑)」と、二宮らしい自虐も交えたトークで周囲を沸かせ、日立のルームエアコンさながらに場の空気を温めていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165619/

あなたにおすすめ