お笑いBIG3のうち2人が3位圏内に!「知的な芸能人」第1位は?

日刊大衆

2018/10/13 07:30


 演技力やトーク力など、芸能界は実力が重視される世界だ。ニュースバラエティなどでキャスターやコメンテーターを務める芸能人たちには、知識やしっかりとした意見が求められる。そこで今回は、20~50代の男女200人に「知的だと思う芸能人」についてアンケートしてみた。

まず第7位に選ばれたのは、メイプル超合金のカズレーザー。同志社大学を卒業したインテリ芸人として知られ、2016年に放送された『Qさま!!』(テレビ朝日系)の“ヤング学力王No.1決定戦”で初優勝を果たした。カズレーザーを選んだ人たちからは、その理由として「クイズなどで頭の回転が速いところ」(22歳/女性/学生・フリーター)、「どんな分野のことでもよく知ってるから」(41歳/女性/主婦)、「問題を推理して答えるところ」(43歳/女性/主婦)と、クイズで見せる豊富な知識などを称賛する声が多かった。

第6位は、ジャーナリストの池上彰氏。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局し、社会部記者やニュースキャスターを歴任。その後、フリーランスのジャーナリストとしてテレビ出演の他、本も多数執筆している。ニュースバラエティ番組での解説も好評で、「説明が簡単で分かりやすい」(27歳/女性/主婦)という声が見られた。他には、「世界情勢について詳しいから」(34歳/男性)、「情報量がものすごい」(49歳/男性/営業・販売)など、知識量の多さや、難解なニュースを視聴者に分かりやすく伝える手腕が買われたようだ。

第3位には、櫻井翔、予備校講師でタレントの林修氏、お笑い芸人のビートたけしの3人が同率でランクイン。

櫻井は、嵐の活動と並行して慶應義塾大学を卒業。2006年から『news zero』(日本テレビ系)のキャスターを務めている。「アイドルでありながらニュースキャスターをしている」(52歳/女性/事務)との意見や、「番組の司会をやっているとき、進行がスムーズなところ」(27歳/女性/主婦)、「ニュースのコメンテーターもできるし笑いも理解している」(44歳/女性)と、キャスターをこなしたり、バラエティ番組でのMCとしての実力が高評価につながったようだ。

林修氏は東京大学法学部を卒業。複数の教養系番組でMCを務めるかたわら、東進ハイスクールでは現在も現代文講師として活躍している。「国語教師ならではのスマートな言い回し」(45歳/男性)、「知識量がとにかく多い」(43歳/男性)、「相手に分かりやすく教えられる」(25歳/男性/コンピュータ関連技術職)、「とにかく人をひきつける話術に長けている」(50歳/女性/主婦)と、教え上手なだけでなく、人柄を含めて人気が高かった。

お笑いだけでなく、映画監督としても国際的に評価されているビートたけしは、数学にも通じていて、過去に「数学の研究者になりたかった」と語っていたこともある。今回たけしを選んだ人からは「マルチな才能を持っているから」(55歳/男性/研究・開発)、「ものの見方が広い」(42歳/男性)、「分野を問わず、いろいろなことを知っている」(50歳/女性/公務員)、「発想が独創的」(58歳/男性)という意見があった。

■第1位は、クイズ番組で大活躍のあの人!

 第2位にランクインしたのはタモリだ。鉄道や古地図などに精通しており、多趣味な芸能人としても知られている。街歩き番組『ブラタモリ』(NHK)での博識ぶりから、「いろいろな雑学に詳しいから」(34歳/男性/研究・開発)という声が多かった。さらに、「ものの言い方とかに知性を感じる」(47歳/男性/営業・販売)、「話し方。オーラ」(49歳/女性)、「頭の回転の速さ」(47歳/男性)など、物知りなだけでなく、落ち着いた物腰に知性を感じている人たちもいた。

そして第1位は、ロザンの宇治原史規。京都大学を卒業したインテリ芸人で、高IQ団体「Mensa」の日本支部メンバーでもある。第7位のカズレーザーと同様、クイズ番組での活躍で、広く知られている。「よくクイズ番組で、正解を連発してる」(26歳/男性/コンサルタント)、「論理的なところ」(20歳/男性/学生・フリーター)、「雑学から歴史など、幅広い知識を持っていらっしゃるから」(34歳/女性/主婦)という意見が見られた。

教養系のバラエティやクイズ番組で活躍している芸能人がランクインした、今回のアンケート。第2位と第3位に“お笑いBIG3”の2人であるタモリと、ビートたけしが入っていたのも興味深い。

あなたにおすすめ