新天皇即位の19年5月1日は祝日、史上初10連休で“超GW”に

 政府は12日の閣議で、皇位継承に伴う一連の儀式の詳細を検討する「式典委員会」の設置を決定した。安倍晋三首相は官邸で開いた初会合で、皇太子さまが新天皇に即位される2019年5月1日と、「即位礼正殿の儀」が行われる19年10月22日を、その年一回限りの祝日とする方向で検討を進める意向を示した。祝日法の規定により、来年のゴールデンウイークは史上初の10連休となる見通しとなった。

 安倍首相は初会合で「国民がこぞって、ことほぐことができるよう万全の準備を進める」と述べた。政府は今月下旬召集の臨時国会で特別法を提出する方向だ。

 祝日法では「その前日および翌日が国民の祝日である日は休日とする」と規定されている。4月29日は「昭和の日」で、5月3日は「憲法記念日」。5月1日が休日ではなく「祝日」となったことで、4月30日と5月2日の2日が自動的に休みとなる。このため来年のゴールデンウイーク(GW)は、4月27日の土曜日から5月6日(「こどもの日」の振り替え休日)まで10連休となる。

 過去に祝休日が続いたのは、GWや秋のシルバーウイークなど最長5日。10日間は史上初、最長となる。大手企業を中心に多くの人がまとまった休みを取る可能性があり、経済的にも社会的にも大きな影響が予想される。

 新天皇の即位を祝福するための祝日だが、旅行業界関係者は「旅行機会が増える」と歓迎。最近は近場が人気だったが「10連休なら遠くに行きやすい。ヨーロッパ行きを検討する人が増えるのではないか」と期待する声もある。経済評論家の荻原博子さんは「家族がそろうと買い物に出たり、外食に出たりするので、経済的には大きなプラス」と指摘する。

 一方で、サービス業や中小企業は10日間業務を休むことは難しい。インターネット上では「休みがとれるのは公務員と大手企業」「10連勤になるかも」などの書き込みがみられた。公的サービスの停止で保育園が休みになり、子供を預ける場所がなくなるのではとの声もあった。休日保育の制度がない板橋区では「対応するかどうかも含めて、これから検討します」としている。

 【10連休各業界の対応】

 ◇銀行 全国銀行協会によると窓口の営業はなし。ATM、インターネットバンキングは通常通り

 ◇証券取引所 日本取引所グループの業務規定にのっとり、4月27日から5月6日まで営業は行われない

 ◇郵便 祝日の普通郵便等の配達は1月1日を除き原則として休止。過去に連休中に配達を行った例もあり、現在対応を協議中。ゆうパックや速達は通常通り配達

 ◇病院 各病院によって対応が異なる。祝日の診療には休日加算されるため患者自身の負担となる

 ◇ゴミ収集 各自治体によるが、燃えるゴミの収集を行う地域は多い

あなたにおすすめ