肺がん切除手術から7日…円楽が毒舌復帰「歌丸師匠に呼ばれたと思ったね。ふざけんな、このジジイ」

 初期の肺がんのため今月4日から休養していた落語家の三遊亭円楽(68)が12日、神奈川県の横浜にぎわい座で行われた独演会で仕事復帰した。「短命」「浜野矩随(はまののりゆき)」の2本を1時間以上にわたって上演。大きな拍手を浴び「病気になるとお客さんは優しいね。ずっと病気でいようかな」とジョークも飛び出した。

 この日は自ら車を運転して会場入り。待ち構えた報道陣に「手術は大成功でした」と笑顔で報告した。4日に入院し、5日にがんを切除するため約3時間の手術。前日11日に退院した。多少かすれ気味の声については「管を入れたりした影響でしょう」とし、術後経過も順調であることをアピールした。

 がんは、人間ドックで十二指腸に良性の腫瘍がみつかり検査入院をしたときに発見された。「歌丸師匠に呼ばれたと思ったね。“ふざけんな、このジジイ”って」と、7月に死去した桂歌丸さん(享年81)を引っ張り出してニヤリ。「後ろにはうちの師匠(5代目三遊亭円楽)も見えたね“俺も肺がんだったよ”って」と“円楽節”をさく裂させた。

 現状では他の臓器への転移はみられず、今後は病理検査を経て経過を観察する。「これから術後の検査でどんなものが出るか分からないから」と闘病生活は続く。今回の入院で肺気腫も見つかった。やや呼吸が浅くなったといい「お客さんには分からない程度のブレスの違いはあるね」と明かした。

 13日には日本テレビ「笑点」の収録に臨む。「まだまだやり残したことがある。あと12、13年やらせてもらえる状況ができた。落語を広める場所を与えてくれる皆さまに恩返ししなきゃ」と誓った。

あなたにおすすめ