森保ジャパンの第2戦。輝きを放つのは若手3銃士か、それとも、ロシア戦士か

AbemaTIMES

2018/10/13 07:00


 森保ジャパンはまたしてもゴールラッシュを見せるのか――。

9月の大阪でコスタリカを3-0で一蹴し、最高のスタートを切った日本代表。10月12日に新潟でパナマと、16日に埼玉でウルグアイと2連戦を行う。

 コスタリカ戦ではロシアW杯で主力として活躍した選手の招集は見送られたが、今回は大迫勇也(ブレーメン)、原口元気(ハノーファー)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)と日本中に感動を巻き起こしたW杯戦士が復帰を果たした。

テーマは「融合」と「競争」
「前回(招集)の選手プラス、今回招集した選手での活動で、チームにどのような化学反応が起こるか」

森保一監督がメンバー発表会見で口にしたように、今回の2連戦のテーマはズバリ「融合」と「競争」だ。

3-0で勝利したコスタリカ戦では、代表経験の少ないフレッシュな選手が素晴らしいパフォーマンスを見せた。とりわけ目立ったのが、2列目でプレーした中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルグ)の3人だ。

左サイドのアタッカーとして先発した中島は、切れ味鋭いドリブルや、相手の意表をつくトリッキーなパスを連発。「楽しかった」という言葉通り、コスタリカの選手たちを手玉にとってみせた。

中島の反対サイド、右サイドで存在感を放ったのが下部組織から育ったガンバ大阪のホームである吹田スタジアムで代表デビューを飾った堂安だ。ゴールこそならなかったが、決定的なチャンスを何度も作った。

オーストリアリーグでの活躍が認められて、3年ぶりの代表復帰を果たした南野は目に見える結果を出した。ペナルティーエリア内でパスを受けて、冷静に左足を振り抜いて決め代表初ゴールをマークした。

日本代表は来年1月にUAEで開催される「AFCアジアカップ」でアジアの頂点に挑む。森保監督は前回のコスタリカ戦、10月の2試合、11月に予定される2試合でメンバー選考を行う考えで、そのためにはパナマ戦は重要な意味を持つ。

初陣でインパクトと結果を出した“若手3銃士”の大活躍は、前回招集されなかったW杯の主力組にとっても大きな刺激になったのは間違いない。修羅場をくぐり抜けてきたロシア戦士がどんなパフォーマンスを見せるのかはパナマ戦の見どころになる。

ポジション的には中島や堂安と重なるサイドアタッカーの原口は、90分間走り続けられるスタミナと、攻守の切り替えの速さでアピールしたいところ。ロシアW杯では右サイドを任されたが、今回は主戦場でもある左サイドで起用される確率が高く、攻撃的なプレーを出しやすいだろう。

W杯では1トップとして前線で攻撃の起点となった大迫は、中島、堂安、南野という2列目の選手との融合が期待される。屈強な相手と競り合ってもつぶされない体幹の強さと、ボールを足元に収めてからの技術の高さはロシアW杯で証明済み。

大迫が流行語にもなった“半端ない”ポストプレーで、2列目の選手たちの個の力を引き出せれば、コスタリカ戦で見せたゴールラッシュの再現も夢ではないだろう。

対戦相手のパナマ代表は、ロシア大会でW杯初出場。残念ながらロシアW杯では3連敗で予選敗退したものの、常連国のアメリカを抑えて北中米カリブ海予選を突破したのはフロックではない。

今回の招集メンバーの半数以上はロシアW杯に出場しており、ほとんどが出場試合数一桁台の日本に比べれば国際経験はむしろ上といっていい。楽に勝てる相手と考えるのは危険だろう。

注目を集める森保ジャパンの第2戦。輝きを放つのは若手3銃士か、それとも、ロシア戦士か。

予想サイトの『SUPERCHOICE』では、今回の日本代表戦で「 ゴールラッシュなるか 日本対パナマに勝利するのは? 」、「この試合で日本代表のファーストゴールを決めるのか?」という投票を開催中。ファーストゴール予想では大迫がが5.86倍でトップ(10月12日15時現在)。それを原口、中島、堂安といった選手も追随している。

文・北健一郎(SAL編集部)

写真・ロイター/アフロ

あなたにおすすめ