“普通の家族あるある”が満載! 要潤「夫がなにもしないとか(笑)」<まんぷく>

ザテレビジョン

2018/10/13 05:00

連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、要潤がヒロイン・福子(安藤サクラ)の義兄・忠彦を演じている。

自分の描きたいものしか描かないという強いこだわりを持つ画家で、実家の援助を受けながら妻・克子(松下奈緒)と4人の子供と生活。そのため義母の鈴(松坂慶子)からは“売れない画家”だと厳しい言葉を浴びせられる。

一方で、性格は穏やかで優しく、義姉・咲(内田有紀)の結婚式や入院の際には絵をプレゼントするという一面も。また、克子に「お前は本当にきれいな手をしているな」と甘い言葉をサラリと口にするなど妻思い。そんな忠彦を演じる要が撮影中のエピソードなどを語った。

■ “朝ドラ”にまた参加したいと思っていた

――今回「まんぷく」に出演することが決まったときのお気持ちは?

「まんてん」(2002年9月から2003年3月、NHK総合)以来、16年ぶりに“朝ドラ”の現場に帰ってきました。ずっと「また参加したい」と思っていたので、この度ご縁があってうれしいです。家族にもすぐに報告しました。スタジオの雰囲気も当時から変わっていませんでしたが、当時を覚えている方は少ないですし、今回の「まんぷく」では新たに挑戦する気持ちでいます。

■ 忠彦が絵を描けるのは克子のおかげ

――ご自身の役柄についての印象や、演じる上で楽しみにしていること、役のここに注目してほしいという点などはありますか?

職業・画家……と言っていいと思いますが、誰かに頼まれて描くのではなく、鳥が大好きで鳥の絵を中心に、自分の描きたいものを描いています。

忠彦の実家から援助もしてもらっていることを考えると、良い家で質の高い教育を受けて育ったのだろうと思います。画家と言っても決して派手な感じではなく、淡々と物事を考え、家庭の中でも画家として、自分の没頭できることのみをしているタイプなのではないでしょうか。

アーティストなので探究心はとても強いと思いますが、人間関係のバランス感覚については、少し欠落しているのかもしれません。でも気性が荒いというわけではなく穏やかで、家族に対しては愛情を持って接することができているのでしょう。

妻の克子のおかげで、忠彦は本当に好きなことだけをさせてもらっていると思います。4人も子どもがいると、少しでも大人の手があったほうが助かるはずなのに、克子は一人でもしっかりと子どもの面倒を見て、忠彦に自由な時間を与えてくれています。現代だったらきっと「オムツぐらい変えてよ」と言われるのだろうと思いますが(笑)。

夫が一日中家にいるというのは息が詰まる瞬間もきっとあるのでしょうけれど、克子は心広く見守り、応援してくれているんだろうと思います。子供たちはみんなかわいいですが、忠彦はやはり娘には格別に甘いかもしれません。

■ 鈴さんに絶対的な存在感を感じている

義母の鈴さんについては、忠彦はたぶん「敵わないな」と思っているのでしょうね。嫁・しゅうとめの関係とはまた違って敵対心もないでしょうし、鈴さんに絶対的な存在感を感じていて、従順に接しようとしているのではないでしょうか。戦前を生きた人ですから、鈴さんという家長を立てつつも、我慢しているところもあるのかもしれません。

絵を描くことは、忠彦にとってアイデンティティーとして切り離せないことです。実際に今、この役のため先生に教わりながら絵を描いていますが、想像以上に論理的な作業だと感じています。鳥の動きを観察したり、羽の一枚一枚の大きさを考えたり、ある種科学的に捉えて描いている気がします。

これまでは絵画って、もっとインスピレーションで描くものだと思っていましたが、忠彦もきっと論理的に考えている人なのだと思います。画家の役は今回が初めてですが、先生に教えていただいているうちに楽しくなってきて、生活の中に自然と“絵を描く”という時間が入ってきました。実際に移動中にも、つい描いてしまうほどです。

■ 福ちゃんと萬平さんは“和み夫婦”

――収録に参加されてみて、現場の印象は?

本当の家族のように現場の雰囲気がよくて、それぞれのキャラクターが確立されて、ぶつかることもなく良いバランスであると思います。松下奈緒さんのことはずっと前から知っているので、すんなりと夫婦として役に入ることができました。

一方で、子役の子供たちはなかなか心を開いてくれないので、なるべくコミュニケーションを取るようにがんばっています(笑)。緊張した面持ちで現場に入っていますし、みんな礼儀正しく、まさにプロ意識を持った“共演者”という感じです。僕としてはもっと子どもらしくいてくれたらうれしいんですけどね(笑)。

安藤サクラさんとは二度目の共演となります。表現・表情ともに豊かな方で、共演していて穏やかな気持ちになります。画面から福ちゃんがそのまま抜け出してきたようで、演じていても自然体という印象です。共演していて勉強にもなりますし、きっとこの役で女優としてもさらに成長していかれるのでしょう。

萬平役の長谷川博己さんは人懐こくて、すごく面白い一面もあり、会話のなかで和ませてくれます。福ちゃんと萬平さんは、まさに“和み夫婦”です。二人で一緒にいても、別々に本を読んでいるような関係なのではないでしょうか。

一方で忠彦と克子の夫婦は、二人に比べると、すでにいろいろと乗り越えてしまっていて、もう一周してしまっているイメージです(笑)。

リハーサルでも、僕ら夫婦は隣同士に座っていることが多いのですが、福ちゃんと萬平さん夫婦は、座席一人分の間を空けて座っています。でも、決してよそよそしいというわけではなく、お互いのパーソナルスペースを守っているように、それが心地いい関係なんだろうなと感じられます。

忠彦と克子もきっと最初はそうだったのかもしれませんが、今はもう、知らない間に隣に座っている関係なんでしょうね。家族としてみんないい関係をそれぞれの形で築けているので、それが画面からも伝わればいいなと思っています。

■ 「まんぷく」は“普通の家族あるある”が満載!

――読者へのメッセージをお願いします。

過酷な時代でありながら、それを吹き飛ばすようなほのぼのしたドラマになっています。さまざまな大きな愛情の形もあり、クスッと笑えるようなコミカルさも兼ね備えているので、温かい気持ちで見ていただけるのではないでしょうか。大きな事件など波乱万丈なシーンもありますが、それでも前に進んでいく家族の姿を見てもらえたらと思います。

僕たち香田家は、忠彦が画家という特殊な職業ではありますが、今の時代にも通じる、“普通の家庭あるある”がいろいろ出てくると思います。夫がなにもしないとか(笑)、たくさん共感してもらえると思いますので、楽しみにしていてください。

■ 第13回(10月13日)のあらすじ

萬平と会わない日々が続いていた福子は、咲の夫・真一の家を訪ねる。いい病院を紹介してもらい、萬平に感謝していた真一は、福子に本当の気持ちを尋ねる。真一の言葉に背中を押された福子は萬平の会社を訪れるが、そこに憲兵隊が突然踏み込んできて…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165571/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ