【大炎上】豊洲市場の業者が「排水溝が詰まった」とブチギレ激怒 / 実はビニールや固形物も流していた事が判明し炎上



築地市場から豊洲市場に東京都中央卸売市場が移転し、新たな「東京の台所」「東京の名所」としての営業がスタートした。多くの人たちが期待に胸を膨らますなか、とんでもないトラブルが発生し、物議を醸している。

・建物を作り直すレベルだと激怒
築地市場から豊洲市場に移転した業者である中澤誠氏の店の排水溝がゴミで詰まり、中澤誠氏は「ウチの店も、完全に詰まりました。衛生が回ってきたので「取り壊して建て直せ」と言ってやりました」とブチギレ激怒。築地市場のときよりもゴミ詰まりがひどく、建物を作り直すレベルだと激怒したのである。

・ビニールやプラスチックも捨てていた事が判明
中澤誠氏はゴミが詰まった排水溝の写真を自身の公式Twitterで公開し、その怒りをぶちまけた。しかしその投稿が炎上のきっかけとなってしまった。ビニールやプラスチック、ストロー、その他多くの固形物が排水溝に捨てられており、それが原因で排水溝が詰まっていた事が判明したのである。

・中澤誠氏のTwitterコメント
「ウチの店も、完全に詰まりました。衛生が回ってきたので「取り壊して建て直せ」と言ってやりました」









tsukiji-toyosu4
tsukiji-toyosu5
tsukiji-toyosu8
tsukiji-toyosu-gomi1

・掲載した写真のせいでまったくの逆効果
中澤誠氏は築地市場から豊洲市場に移転することを強く反対する活動をしており、豊洲市場の問題点を探し出し、Twitterなどで公開している。今回の写真も多くの人たちから同情の声が寄せられると思って掲載したのかもしれないが、まったくの逆効果となってしまったようだ。

・築地ではこんなにゴミを捨ててた?
この件に関してジャーナリストの有本香さん(56歳)は「今まで築地ではこんなにゴミを下水に流していたということですか? ネズミが増えるはずですよね」と苦言を呈している。ちなみに、豊洲市場では「業者が勝手にタバコを吸いまくってポイ捨てして問題視」されている。

・普通に使ってれば詰まらない
なお、同じく豊洲市場に移転した仲卸である亀吉商店さんによると「掃除がしやすくて清潔を保ちやすい」「清潔な環境で仕事ができる豊洲の水回りに今の所満足」とのこと。普通の使い方をしていれば詰まることなく清潔に使用できるようである。



tsukiji-toyosu-gomi2





もっと詳しく読む: 豊洲市場の業者が「排水溝が詰まった」とブチギレ激怒 / 実はビニールや固形物も流していた事が判明し炎上(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/12/tsukiji-toyosu-haisui-news/



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ