ゴミ箱を漁るホームレスの姿を見た飲食店オーナー、ドアに心温まるメッセージ(英)

ホームレスの数が年々増加しているイギリスでは、スープキッチンやフードバンクなど地域住民が協力し合って救いの手を差し伸べる活動が頻繁に行われているが、苦しい貧困状態から抜け出せない人も多い。このほど店のゴミ箱を漁るホームレスの姿を監視カメラで見た飲食店の店主が、心温まるメモを残したことで称賛の声があがった。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

ノーサンバーランド州南東部ブライスにある一軒のフィッシュアンドチップス店「Gino’s Fish Inn(ジーノズ・フィッシュ・イン)」の店主シャド・サリームさんが、店外に設置された監視カメラを見ていたところ、店のゴミ箱近くにひとりの人物が映っていることに気付いた。

ホームレスとみられるその人物がゴミ箱の中から食べ物を探している姿を見たシャドさんは、なんとかして救いの手を差し伸べたいと思った。しかし名前も知らぬ人物に連絡を取ることもできず、シャドさんは店のドアにこのように貼り紙をしたのだ。

「親愛なる誰かさんへ。もしあなたが空腹のために当店のゴミ箱の中に食べ物を探そうとしているのなら、遠慮せずに店内へ入ってください。無料でペットボトルの水1本と軽食を差し上げます。ゴミ箱からの食事なんて、あなたにはふさわしくないですから。もしよければ、あなたを助けてくれるであろう町内の施設を紹介しますよ。」

この心温まる貼り紙を見たシャドさんの友人ダン・ヴォンさんは、メモの写真を撮ってソーシャルメディアに投稿した。店がある場所と同じブライスに住むダンさんは、このように話している。

「シャドさんは、いつも困っている人を助けたいという思いやりを持っているので、今回の貼り紙にも特別驚きはしませんでした。事実、ブライスにはホームレスが多いから、地域住民には助け合いの精神を持とうという気持ちがあります。でも、実際にこのような貼り紙を目にすると、いかに貧困状態にある人が多いかを実感してショックです。助けが必要でも、それを求めることを恐れてしまう人も中にはいますから、何とかして救いの手を差し伸べられるようにすることはとても大切なことです。この投稿を見た人も、誰かが助けを求めていたら同じように手を差し伸べようとしてくれるかもしれないと思い、シェアしました。」

ダンさんのこの投稿には多くの「いいね!」が寄せられ、「心優しい人がこの世の中にはまだたくさんいるのだということを広めたいね」「世の中、まだ捨てたもんじゃない」といった称賛の声があがっている。

画像は『The Sun 2018年10月10日付「‘I’LL GIVE YOU A FREE SNACK’ Chip shop boss’s heartwarming message to man he spotted rooting through bins for food」(Credit: NCJMEDIA)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ