三遊亭円楽、初期の肺がんから高座復帰 「歌丸師匠ががんを見つけてくれた」

AbemaTIMES

2018/10/12 20:25


 9月28日に初期の肺がんであることを公表し、10月4日から休養していた落語家の三遊亭円楽(68)が12日、横浜にぎわい座で行われた独演会で高座復帰した。

10月5日に手術を受け11日に退院していたことを報告した円楽は、検査入院した際に肺がんが見つかった時の心境を告白。「俺は歌丸師匠に呼ばれたと思った。『ふざけるなこのジジイ』と笑点の時みたいに言ったよ(笑)。でも戻ってこられたということは、歌丸師匠が呼んだのではなくて(がんを)見つけてくれたんじゃないかなと思う。歌丸師匠が『楽さん、帰って落語をやってくれよ』と言ってくれたのかもしれない」と語った。

手術後の経過は良好で、今月末に医師と相談して今後の活動を決めるといい、「人間のやる芸は、その日その日の出来不出来があって進化していくものだから、僕自身が楽しみ。あと12、13年はやらせてくれる状況ができたと思いますので、悔いのないように落語会への恩返しをしていきます」と意気込みを語った。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎ 禁断の検証「ネタバレ落語」は楽しめるのか?

あなたにおすすめ