「まんぷく」会えない福子と萬平をつなぐ、あの時代のコミュニケーション【視聴熱TOP3】

ザテレビジョン

2018/10/12 19:00

webサイト「ザテレビジョン」では、10月11日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)12084pt

10月11日に第10話を放送。福子(安藤サクラ)の姉・咲(内田有紀)は、萬平(長谷川博己)に紹介された結核の専門病院に転院し、病状が回復の兆しを見せていた。克子(松下奈緒)の夫で画家の忠彦(要潤)は、桜の絵を描いて咲に贈る。

咲が治るまで萬平と会わないことにした福子は、萬平に送った手紙で、感謝と会える日を待ち望む気持ちをつづった。萬平がその手紙を繰り返し読む姿もあり、SNSには現代では機会が少なくなった手紙でのコミュニケーションの良さを感じるつぶやきも上がった。しかし、ラストでは、咲の病状が予断の許さない状況であったことが判明し、心配する声が寄せられた。

2位「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)11954pt

新垣結衣、松田龍平がW主演し、脚本家・野木亜紀子によるオリジナルストーリーのドラマが10月11日に放送スタート。平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

IT系企業に勤める晶(新垣)が、社長の九十九(山内圭哉)、人任せの営業担当・松任谷(伊藤沙莉)、新人営業の上野(犬飼貴丈)のフォローで振り回されてしまう姿に「見ていて苦しくなった」「突き刺さる」などの感想が続々と寄せられた。パワハラ、セクハラ、マリッジブルーなどさまざまなテーマが描かれ、多くの人の胸に響く展開に。

また、晶が行きつけのクラフトビール店で出会った、女性にモテるものの誰のことも信用しない毒舌の会計士・恒星(松田)から言われた「バカになれたら楽なのにね」という言葉も話題になった。ラストでは晶がイメージを一新して、九十九に業務改善要求を突き付けた。公式サイトでは「ラブかもしれないストーリー」と紹介されているが、晶と恒星の関係も含め、今後に期待する声が殺到した。

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)3760pt

今年4~6月に放送された田中圭主演ドラマ。女好きだがまったくモテない33歳の春田(田中)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司・黒澤(吉田鋼太郎)と、同居するイケメンでドSな後輩・牧(林遣都)から告白されるストーリーが大反響となった。10月1日からはHulu、Netflix、Amazon Prime Videoで配信がスタートし、あらたなファンの獲得も。

また、5日に発売されたDVD&Blu-rayが10月15日付オリコン週間DVDランキング、BDランキング(集計は10月1日~7日)で、2位にランクイン。ドラマジャンルでは1位となった。このニュースに、脚本家の徳尾浩司は自身のTwitterで「すごいですね。皆さまのおかげですね、俳優さん達もスタッフも喜んでいると思います。ありがとうございます。」とつづった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165565/

あなたにおすすめ