GENKING、結婚を考えていた彼氏と破局 「自分から振ったアピール」に疑問も

しらべぇ

2018/10/12 17:30


(画像はGENKING公式Instagramのスクリーンショット)

2017年5月にタイで性別適合手術を受け、戸籍上も「元輝」から「沙奈」となった、GENKING。

そんな彼女が、結婚を前提に交際していた男性と破局したことを報告。女性として1つの大恋愛を終えたGENKINGに、多くの反響が寄せられている。

■「大好きだった彼とお別れしました」


GENKINGは12日、自身のインスタグラムを更新。結婚を前提に交際していたという男性と破局したことを報告した。

View this post on
Instagram


実は大好きだった彼とお別れをしました😊 女の子に生まれ変わった私に、彼は沢山の大切な事をいっぱい教えてくれました😌 彼と居たから変われた事って本当に沢山ある💕 お互いの家族や友人も仲良くて、結婚を前提に真剣に付き合ってきました‼️ 女の子になる事が夢だった私が、生まれ変わる事が出来て、彼との恋愛は、色んな事が女の子として初めての経験で、まさに高校生の様に新鮮で健全でキラキラした生活だったんだ~😆✨ お別れした今も、自分に起きた事が頭の中で整理出来なかったり、前日の記憶が思い出せない位、不安定な毎日を過ごしてる😔 別れを切り出すのには凄く考えたし、沢山の犠牲を伴いました。 でもね、今までの恋愛と違うのは大好きな気持ちのままお別れを告げたという事。 それはお互いの為に必要な事でした‼️ 反省も失敗も沢山あるけど、それ以上に学びが沢山あって私は彼に本当に感謝をしてる😌 世の中のみんなは、男から女に生まれ変わった私をやっぱりオカマとして見る人が沢山です。 昔はそれが嫌で仕方なかったし、辛い経験もしたし、恋愛も女として見てくれた人は1人も居ない私に、人生で初めて女性として彼は真剣に愛してくれました😌 そんな経験は、私の人生で初めての事で、オカマやニューハーフと言われようが、影で偏見や馬鹿にされようが、何故か気にならなくなったし、自分に自信が持てる様になりました‼️ 良い恋愛は人を強くしたり、優しくしたり、変われた‼️ 本当に彼には感謝です。 私と同じような性で生まれた方は、恋に臆病になったり、辛い事は人一倍あると思います。 だけど、私が女として愛してくれた彼を見つけた様に、必ず自分を受け入れてくれる人が居るはず😌💕 そして、自分が縁のある人とは結ばれるって事‼️ 一生の付き合いが縁ではなく、その一瞬が縁の人も人生の中ではあって、そんな縁の結びつきに気付けて良かった😆 長い人生で、こんな恋愛をしたのも、別れも初めてだから今は苦しい😔 毎日一緒に居たから寂しい😣 涙も止まりません😔 何も手につかなかった私の中でこのインスタは私の中で第一歩です‼️ 心にあいたデッカい穴を、受け入れて、少しずつ向き合って埋めていかなきゃね😌 こんな事snsに書く事をすごい悩んだけど、じゃなきゃ私も前を向けない。 ケジメもつけれない。 前回までのインスタも写真のフォルダも見るだけで苦しい。 だから1枚ずつ新しいのあげなきゃね😊 彼との幸せな記憶は心にしまっておきます。 私の中で世界1男らしくて、イケメンで、最高な男‼️ 今変われた私が居るのは彼のおかげ😊 生まれ変わった女の始まりが彼で本当に良かった🌹 そんな人に出会えて私は幸せでした。 大好きでした😊 本当にありがとう💕💕💕

A post shared by GENKING (@_genking_) on Oct 11, 2018 at 6:16pm PDT



家族ぐるみでの交流もあり、真剣に交際していたというGENKING。「色んなことが女の子として初めての経験」だったようで、「お別れした今も、自分に起きたことが整理できていない」とつづり、大恋愛だった様子。

また、「別れを切り出すのにはすごく考えたし、たくさんの犠牲を伴いました」と自分から彼との別れを切り出したのだそう。

人生で初めて、自分を1人の女性として真剣に愛してくれた彼に多くの感謝の気持ちをつづりつつ、「毎日一緒にいたから寂しい。涙も止まりません」と、現在の心境を明かしている。

■傷心のGENKINGに励ましの声


こちらの投稿には、大恋愛を終えたGENKINGにファンからの温かい励ましの声が寄せられている。

・一瞬を大切に生きているサナさんが本当に素敵です…! これからの新しい楽しいことも、ゆっくりまたアップしていって下さい! ずっと応援しています

・読んでいて胸が苦しくなりました。さなちゃんの生き方、私は大好きです。誰かに話したり、文章にしたりするのは気持ちを整理するのにとても大事なこと。辛いことのあった後は、必ず楽しいことがある! これからもずっと応援しています

・たくさんの幸せをくれた彼に感謝ですね。無理に頑張ろうとしないで、ゆっくり笑えるようになっていったらいいと思います。応援してます

傷心中の彼女に、「無理しないで」と語りかけるようなコメントが目立つ。

■「自分から振ったアピール」に疑問の声も


一方で、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』には、「自分から別れを告げた」ことをわざわざ報告していることに、疑問の声もあがっている。

・別に報告ってする必要ありますか?

・自分から振ったアピール

・別れを切り出したくせに不安定になるものなんですか? いろいろあるんでしょうが、公表する必要ないし、必要あるなら気分が落ち着いてからでもいいのでは?

・まああれだ、こうやっていい雰囲気の画像選んでフィルターかけて長文コメント書いてインスタにアップできてるなら大丈夫

「報告する必要ある?」といった声が目立つ。また、「長文を書く元気があるんだから大丈夫」といった声も。

■失恋からどうやって立ち直る?


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,352名を対象に「失恋から立ち直る方法」について調査を実施したところ、男性は4.6 %、女性では2.5%の人が「失恋したときに行う自分だけの独自の儀式がある」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

別れたときに心に大きな穴が空いてしまうのは、それだけ真剣に恋愛をしていた証。かといっていつまでも俯いているわけにもいかず、皆が思い思いの方法で立ち直っているようだ。

女性として大恋愛を経験したGENKING。彼女の新しい春の訪れを期待したい。

・合わせて読みたい→「元カレに別れたことを後悔させたい」 別れを恨む女性に復讐アドバイスが相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名

あなたにおすすめ