NHK 「Rの法則」損害賠償請求は「決着した」 損害額などは明かさず

 NHKが12日、東京・渋谷の同局で定例会長会見を行い、元TOKIO山口達也氏(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)されたことを受け、打ち切りになったEテレ「Rの法則」(月~木曜後6・55)に関連した問題で、ジャニーズ事務所側への損害賠償請求をすでに行い、「決着した」とした。

 担当者は「この件に関しましては所属事務所に損害額を請求し、決着したと認識しております」と説明。ただ「決着の内容や損害額に関しては、番組に関わっていただいた方の個別の契約内容など交渉の経緯に関わることなので、ご説明は差し控えさせていただきたい」とした。

 山口氏個人への請求があったについては「契約についての個別のことに関わってくるので、ご説明は差し控えさせていただきたい」とした。話し合いについて、「これまでのところでは、事務所側に誠実にご対応いただいたと考えていただいた」とした。

あなたにおすすめ