松井玲奈『小説すばる』で小説家デビュー アラサー女性の失恋と再生描く

AbemaTIMES

2018/10/12 15:00


 女優の松井玲奈が文芸誌『小説すばる』の2018年11月号(10月17日発売)で、自身初の短編小説を発表する。

現在NHK連続テレビ小説「まんぷく」にレギュラー出演中の松井。幼少期から読書好きで、普段から多くの本を読んでいる“読書家”だ。小説誌への書評の寄稿や有名作家の文庫解説の執筆などの文筆活動も行なっており、今回初めての短編小説を執筆。小説家としての活動を始める。集英社の月刊読書情報誌「青春と読書」11月号(10月20日発売)では、初めての小説執筆に関する松井のエッセイが掲載される。

17日発売の『小説すばる』に掲載される松井のデビュー作「拭っても、拭っても」は、過去の恋愛によってトラウマを抱えたアラサー女性の主人公が、小さな、しかし確かな希望を持って、前を向くまでの物語。過去に囚われた主人公の姿を、ユーモラスかつ切実に、瑞々しい筆致で描いているという。試し読みは、17日に小説すばる公式サイトでも掲載される予定で、執筆は今後も『小説すばる』で行う。

■短編小説「拭っても、拭っても」あらすじ


広告代理店に勤めるアラサーのユリは、半年ほど前まで変わった癖を持つ男性と付き合っていた。その彼に理不尽にフラれたことが心の傷になっていて――。

■松井玲奈・コメント


「頭の中にある映像を言葉で人に伝えるのは、とてもエネルギーのいる作業でしたが、どこかで物語の続きを考えて遊んでいた子供の頃を思い出して楽しんでいる自分がいました。書き続けることで、自分の新しい感性に出会える予感がしています」

■松井玲奈・プロフィール


松井玲奈(まついれな):女優。1991年7月27日生まれ。愛知県豊橋市出身。NHK連続テレビ小説「まんぷく」にレギュラー出演中。

■小説すばる


1987年に創刊された月刊小説誌。北方謙三の大作『チンギス紀』や、村山由佳、冲方丁といった人気作家の連載小説に加え、北大路公子や大貫亜美のエッセイ、作家インタビューや対談など、豊富なコンテンツを掲載。表紙イラストはヨシタケシンスケ。毎月17日発売、定価920円(税込)。集英社刊。

(C)小説すばる2018年11月号/集英社

(画像提供:集英社)

AbemaTV【bpm特別版】▶︎ 『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴×齋藤飛鳥×松本穂香 SP対談

あなたにおすすめ