広瀬すずが2位!「好きな若手女優」人気ランキング1位は?

EXweb

2018/10/11 17:00



雑誌『EX大衆』9月号の読者アンケートで「好きな若手女優」を募った際のランキングがこの度完成! “納得”と“ちょっと意外?”が交りつつヒジョ~に興味深い結果が得られたので、ランキングとともに考察していこう!

1位 浜辺美波 2000年8月29日生まれ(18歳) 石川県出身
2位 広瀬すず 1998年6月19日生まれ(20歳) 静岡県出身
3位 吉岡里帆 1993年1月15日生まれ(25歳) 京都府出身
4位 川栄李奈 1995年2月12日生まれ(23歳) 神奈川県出身
5位 有村架純 1993年2月13日生まれ(25歳) 兵庫県出身
6位 永野芽郁 1999年9月24日生まれ(19歳) 東京都出身
7位 武田玲奈 1997年7月27日生まれ(21歳) 福島県出身
8位 土屋太鳳 1995年2月3日生まれ(23歳) 東京都出身 
9位 松本穂香 1997年2月5日生まれ(21歳) 大阪府出身
10位 清原果耶 2002年1月30日生まれ(16歳) 大阪府出身
11位 深川麻衣 1991年3月29日生まれ(27歳) 静岡県出身
12位 葵わかな 1998年6月30日生まれ(20歳) 神奈川県出身
13位 今田美桜 1997年3月5日生まれ(21歳) 福岡県出身
14位 杉咲花 1997年10月2日生まれ(21歳) 東京都出身
15位 高橋ひかる 2001年9月22日生まれ(17歳) 滋賀県出身

ズバリ、この結果を見ての感想から。

「夏ドラマと今回から始まる秋ドラマ、話題の映画の面々を中心に旬の顔ぶれがズラリそろった感じですね。いまや、国民的若手女優と呼んでも過言じゃない広瀬すずを抑えて浜辺美波が1位に輝いたことは、今後の若手女優界を占う意味で興味深いですし、グラビアでもおなじみ、深夜枠や地方局制作のドラマや映画では主演をガンガンこなしている武田玲奈、2019年は主演ひっぱりだこ必至の清原果耶あたりがベスト10入りしているのもすごい。一方で、今回の秋ドラで主演やヒロインクラスの子で漏れている子もおり、意外な感じも……」(芸能評論家・三橋りの氏)

「たとえば10位前後以下の面々などは、それこそ20位くらいまではそう上下の差がなく拮抗(きっこう)していると考えていいかと。いや、これで万が一、今回ランキングに漏れた面々が出演する秋ドラマがコケるという事態になったら、読者の正確性、先見の明を賞賛すると同時に、あらためて人気の動向を検証し直す必要が出てきそうですが(苦笑)」(芸能ライター・ニイゼキユウジ氏)

吉岡里帆や土屋太鳳あたりは、ネットでは結構厳しく書かれたりもしているが、こうして“好き”ランキングで上位に入ってくるというのは面目躍如という感じもする。

「うーん、ネットの記事については、よーく読むと分かりますが、あんまり分かっていない(笑)ライターが書いているケースも多いので。特にここ1、2年はそういう傾向が強くて、ドラマの週ごとの視聴率に一喜一憂して書いたり、話題の女子アナが出てくるとそればっかりについて書いたり。その辺はともかくとして、純粋な若手女優ファン、アイドルファンにとっては彼女たちは依然目が離せない、人気の存在だということ。読者のほうが、いわゆる“ネット世論”的なものにはだまされていないということでしょう」(前出・ニイゼキ氏)

こうしてランキングを見ると、NHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”出演者の人気の高さも象徴的。

「主演は、次作の広瀬も含め、有村(『ひよっこ』)、永野(『半分、青い』)、土屋(『まれ』)、葵(『わろてんか』)の5人。さらに浜辺は『まれ』、吉岡と清原は『あさが来た』、川栄と杉咲は『とと姉ちゃん』、松本は『ひよっこ』に出演しており、実に15人中11人が朝ドラ出演経験者ですね。おそらく残りの4人も今後の出演の可能性は十分ありますし、なんだったら出演済みの6人も含め、この面々であれば今後主演で起用される可能性も全然ありえます」(前出・三橋氏)

この中で特に気になる子は?

「2000年代生まれの3人ですかね。広瀬や葵、橋本環奈を始めとするハイティーン勢がここ2年ほどリードしてきた印象がありますが、いずれも今年、来年二十歳を迎えるにあたり、彼女らに続く世代として大いに注目したいところ。すでに実績十分の浜辺はむろん、先の連ドラ初主演作『透明なゆりかご』が好評だった清原、『高嶺の花』で早くも新たな役どころのポテンシャルを見せつけてくれた高橋に期待大です」(前同)

「個人的にはなんだかんだ言って、広瀬と永野ですかね。2人のおもしろさはなんといってもこちらの意表を突く演技を見せてくれることで、清純派の肩書きなどおかまいなし、濡れ場やお色気シーンへの挑戦など、他の同世代の面々に先んじて女優道を邁進している印象が。そういう意味では吉岡、川栄、有村あたりも同様ですが、ファンの意表、度肝を抜く演技を見せてくれる女優に期待したい」(前出・ニイゼキ氏)

「若い世代とは逆に、今回最年長でランクインした深川麻衣も演技のポテンシャルという意味では要注目でしょう。『スキップ』で舞台初主演に続き、今年は映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演にして初主演。同作では第10回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞を受賞するなど、遅まきながら実力派として多方面から高い支持と評価を獲得中。主演作はもちろんですが、今回のほかのランキングメンバーとの共演なども見てみたいところ」(前出・三橋氏)

同賞といえば、過去に満島ひかり、安藤サクラ、二階堂ふみ、橋本愛、のん(能年玲奈)、門脇麦、広瀬すず、松岡茉優らそうそうたる面々が受賞したことで知られ、いやがうえにも期待は高まるというもの。

かつてないほどの盛況、充実の顔ぶれで、俄然目が離せない若手女優シーン。1人や2人といわず、全員まとめて要チェックだ!

(文・織田祐二)

あなたにおすすめ