「咲姉ちゃん」トレンド入り…「内田有紀さんが咲役で本当によかった」の声<まんぷく>

ザテレビジョン

2018/10/12 13:21

放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。ヒロイン・福子(安藤サクラ)の一家を襲った悲しみに、視聴者からも「つらい」の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 「ごめんなさい、ありがとう」

桜が見頃を迎えた昭和17年春のことだった。

結核を患い入院していた咲は、第10回(10月11日放送)では医師からも「もう何日も持たないかもしれません」「予断を許さない状態」と宣告されるほど、深刻な病状。11日の「あさイチ」(NHK総合)では、MC陣も「“ムービング・サーズデー”と言うには、ちょっと…」(近江アナ)、「どうにかしなさいよあなた」(博多大吉)、「専門病院に移れば治ると思ったんですよ、ホントに…」(博多華丸)と不安を口にしていた。

そして迎えた第11回(10月12日放送)。誰もが奇跡を信じ祈る中、咲は愛する夫・真一(大谷亮平)と、母・鈴(松坂慶子)、妹の克子(松下奈緒)とその夫・忠彦(要潤)、そして福子に看取られ、静かに息を引き取った。

「ごめんなさい、あなた…。ごめんね、克子…、忠彦さん…、福子…、お母さん…ありがとう…」。駆けつけた全員の名を呼び、ごめんなさい、ありがとう、と口にした咲。優しくて家族思いの人柄がにじむ一言が、最期の言葉となった。視聴者からは「つらい」「早いよ!もういなくなっちゃうなんて…」と衝撃の声が広がっている。

■ 家族を支えた優しい「咲姉ちゃん」

咲は、早くに亡くなった父に代わり、宝飾店の店員として働いて今井家の生活を支えてきた。

控えめで、自分を後回しにして家族のために生きた女性として描かれた咲は、演じる内田有紀の美しさもあいまって初回から「内田有紀さん、美しすぎる!」「優しくて素敵なお姉さん」などと注目の的に。

第4回(10月4日放送)ではお堅い勤め人の真一と結婚。堅物の真一が、あえて咲の勤務時間中に「指輪を見たいんですが。結婚指輪です」と現れたシーンは「素敵なサプライズ!」「キュンとした~!」「咲、よかったね~!幸せそうでうらやましい」といった声が上がっていた。美しい花嫁姿も話題を呼び、苦労の末に幸せになった咲の結婚を誰もが祝福した。

昭和10年代当時はまだ薬やワクチンはなく、結核が“不治の病”と恐れられていた時代。咲が結核と診断されると、家族や周囲はみな咲を心配した。

咲に思いを寄せていた歯科医・牧善之介(浜野謙太)は、よく効くという漢方薬を調達。咲の結婚の祝いで鳥の絵を贈った克子の夫・忠彦は、「ここは桜が見えへんから」と満開の桜の絵を描き、病室に届けた。福子の職場の同僚・野呂(藤山扇治郎)は「お姉さんに」と高価な牛肉の缶詰を融通し、萬平はツテで結核の専門医を探して紹介。遠くから咲の回復を祈った。

そうした温かい心遣いを受けるのも咲ならばこそ、と思わせる女性像を、内田が温かく優しい笑顔とやわらかい物腰で作り上げた。

■ 「これからもたまーに出てきます」

しかし、奇跡が起こることはなかった。

12日の放送終了後、Twitterでは「咲姉ちゃん」がトレンド入り。視聴者からは悲しみの声に加え、「結婚式の頃の幸せな笑顔が思い出されて…」「内田有紀さん、美しかった。本当に素晴らしかった」「家族を支えた優しい咲姉ちゃん。最期の言葉がごめんねと、ありがとう。すごく、らしいな、と思った」「自分の家族のように感じた。悲しかったけど…内田有紀さんが咲姉ちゃん役で本当によかった」といった声も上がっている。

深い悲しみをもたらしたこの日の放送。だが12日の放送終了後、「まんぷく」公式サイトに掲載された内田のインタビューでは「これからも、たまーに咲は思わぬ形で出てきます。そこも楽しみにしていただければうれしいです」というメッセージも。10月20日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)にも松坂慶子とともにゲスト出演することが予告されている。今後、咲がどんな形でドラマに登場してくるのかを楽しみに待ちたい。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165507/

あなたにおすすめ