いくら好きでも冷める…男性がイラっとする女性の話し方3つ

愛カツ

2018/10/11 12:45


話し方は気持ちを伝える上でとても大切。上手な話し方ができれば、相手を引きつけ、良い印象を与えます。

さらに、話し方で女らしさはもちろん、知性を感じさせたりもします。

でも、残念ながら中には、話し方の大切さを理解できずに男性の気持ちを冷めさせてしまう女性がいます。

彼がなかなか好意を寄せてくれないようなら、もしかしたら話し方が原因なのかも!?

男性がイラっとする話し方を検証してみました。

イラっとする

■ 言葉遣いが悪い

女性の言葉遣いは基本優しく見えますよね。

自分の母親や、外で会う女性を始め、みんな優しくて丁寧であったでしょうし、それが当たり前だと男性は思っています。

理想でもあるでしょう。ところが、最近の女性は強かったり、男性化してきたりで、乱暴な男言葉を遣う人が少なくありません。

特に、中高生くらいは今どきの流行り言葉だったりで、乱れた言葉遣いの女子が多く見られます。

それが大人の女性になっても抜けずにいると、男性がイラっとする話し方になってしまうのですね。

言葉遣いの悪い女性は男性をイラっとさせるだけでなく、育ちの悪さや品のなさをも感じさせてしまいます。

デメリットばかりで良いことがちっともないので、言葉遣いは早く直すにこしたことはありませんね。

■ 初対面なのにタメ口

仲良くなったらタメ口もアリですが、初対面でタメ口は驚かれて当然です。

年上だったら失礼でもあります。

こうしたタメ口を平気で使ってくる女性は、社会的なルールを学んでいない&礼儀をわきまえていないと思われてしまうでしょう。

タメ口は2人の距離感を縮めるためには良いかもですが、初対面でのタメ口は不快を感じる人の方が多くいます。

明らかに年上男性だと分かっていてのタメ口はNGだし、親しくなっても基本は丁寧語がベストですよ。

■ 話に脈絡がない&長い

その日にあった出来事をつらつらと話し、しかも、話はあっちに飛んだり、こっちに飛んだりで脈絡がない……。

男性側からすれば「もっと要約して話せないものかな?」「結局何が言いたいの?」と思っています。

男性はこうした女性の話ぶりに対して呆れているし「この子と付き合ったら、こんな長い話を毎日聞かされる?正直カンベンだな」とも思っているでしょう。

一方的な長い話は聞く方にとってみればかなり苦痛です。話す時は、一番重要なことをまず伝えるようにしたいですね。

また、時には“相手の話を聞く”という役に回ることも意識してくださいね。

言葉はキャッチボールがうまくいかないとつまらないものになってしまうでしょう。

■ まとめ

話し方が欠点となって好きな男性を逃しているとしたら、本当にもったいないこと。

話し方ひとつで女性は優しさを感じさせたり、品を醸し出したりすることができます。

男性受けだけでなく、社会的にもイラっとさせてしまう話し方で失うものは意外と大きいもの。

大人の女性で話し方がマズイ人は、損することばかりですよ。

思い当たる点があれば、早めに話し方を治す努力をしてみましょう。

家族や周囲の友達からも注意をしてもらうと無意識レベルのものもチェックできるので、早い改善が望めます。

女性らしい、優しい話し方を身に付けてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ