今夜『僕とシッポと神楽坂』スタート 獣医師・相葉雅紀が活動開始

クランクイン!

2018/10/12 11:40

 の相葉雅紀が主演を務めるドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が今夜スタート。第1話では、相葉演じる心優しい獣医師と少年の出会いが描かれる。

【写真】『僕とシッポと神楽坂』第1話フォトギャラリー

たらさわみちの同名漫画シリーズをドラマ化した本作は、東京・神楽坂に佇む「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)が、動物や飼い主たちと心温まる交流を重ねていく姿を描く。

勤めていた動物病院を辞め、実家の神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也。尊敬する徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた。

徳丸の突然の引退に戸惑う達也は、ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、新天地の獣医師として働き始めるのだった。そんなある日、達也は街で車に轢かれたパピヨン犬と、その犬に付き添う少年・大地(矢村央希)と出会う。大地と共にパピヨンを動物病院に運んだ達也は、早急に手術の必要があると判断。準備に取り掛かろうとしたその時、急に連絡が取れなくなった大地を心配して、母親の加瀬トキワ(広末涼子)がやってくる。

古びた病院の設備と人手の足りなさに「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と主張するトキワに対し「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と応える達也。そんなふたりの様子を見、パピヨンの命の危機を感じて不安になる大地は、泣きそうになりながら「先生、ワンコを助けて…」と懇願。達也は大地の気持ちに応えるために、トキワの静止を振り切り、手術を開始してしまう。

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』第1話は、テレビ朝日系にて今夜10月12日23時15分放送。

あなたにおすすめ