本命候補から外される!男子が「やめてほしい」と思うNG行動4つ

愛カツ

2018/10/11 11:45


気になる彼と、2人でよく遊ぶようになって、いい感じになって、そろそろ付き合えるかも? ……と思ったのに、その後友だち関係から全く進展しなかったり、じょじょにフェードアウトされたり。

それって、一度は彼の「本命候補」に入れたのに、あなたがした「NG行動」のせいで、いつの間にか外されてしまっていたのかもしれません。

男子的に本人には言いづらいのですが、本命候補の女子には特に「やめてほしい」と思っている行動があるんです。

知らないうちに本命候補から外されないように、ぜひ参考にしてください。

本命から外される行動

■ NG行動1:一緒にいる間の長電話はやめて

デート中、LINEやスマホで長電話するのは、控えてほしいと思っています。それがたとえ女子の友達や家族であったとしても、一緒にいる時に長電話はNGです。

男性は「せっかくの2人の時間なのに……」と大きく落胆します。電話で楽しそうに話しているのを見ると、ないがしろにされた気分でますますガッカリです。

また、相手が誰だか分かりませんので、「誰か別の男の人なのでは」と疑い始めることもあります。

本命女子に対しては、なかなか男子は「電話長いよ」と言いづらいのですが、確実にマイナスに働きますので注意しましょう。

とはいえ、電話相手が話し出してしまうと、なかなか切りづらいもの。彼と一緒にいるときは、本当に緊急時以外は、一度出て後で折り返しますと相手に伝えましょう。

■ NG行動2:理由を言わずに機嫌が悪くなるのはやめて

本命女子の機嫌が悪くなったら、男子はどう感じるでしょう?

実は不安や焦りというよりも、「相性が悪いのかな」と率直に感じてしまいます。

特に、デートのときに女子の機嫌が悪くなったとして、理由を言わずに解散し、あとからLINEなどで不満を言うという形も、致命的な亀裂につながりやすくなります。

男子はもともと独占欲が強く、コントロールしたいという欲求がとても強いです。本命女子に対してはなおさらそれが強くなります。

それが、「まったく自分では理由が分からない」のに、離れていってしまう、そんな状況に直面すると、逆に冷静になって今後の関係を考えだします。

機嫌が悪くなったら直接その場で伝えられる、そんな率直な態度が、本命女子であり続けるために大切なポイントです。

■ NG行動3:楽しいの?楽しくないの?曖昧な態度を取らないで

機嫌が悪くなる以外も、曖昧な態度はできるだけ避けるようにしましょう。

たとえば、楽しかったのか楽しくないのか分からなかったり、美味しかったのか美味しくなかったのか分からなかったり。

はたまたデートの場所が気に入ったのか、気に入らなかったのか、分からなかったり。

女子としては遠慮したり男子に配慮したりという意識が働きがちですが、男子としては、「結局何考えているのかよく分からない」「その場で言ってくれれば」ということでストレスを抱えてしまいます。

「後出しじゃんけん」と表現されることもありますが、曖昧な態度をして、言いたいことを後から言うのではなく、その場でしっかり態度で表現していくことが、本命女子の立場をキープするために大切になります。

■ NG行動4:最後には頼ってほしいけど……ずっとグチを言うのはやめて

女子と男子で大きく異なる部分かもしれません。女子は好きな男子には、仕事のグチや気に入らないことについての感情をぶつけて話を聞いてほしいと強く感じます。

一方、男子は、本命女子には特にそういうことは求めていません。非常にストレスになります。

ただの友人、同僚、後輩といった感情を持っている女子に対しては、むしろ冷静にそういう話を聞いてあげても苦になりません。

男子にとって本命女子というのは、「最後の最後、困ったら頼ってほしい存在」であり、「一番自分が甘えられる、素が見せられる存在」となります。

ですから、途中経過のグチや小言というのは耳にしたくありません。好きな男子の前では、恋人として長く付き合ったり、結婚を前提にしたりするまでは、悪口・グチを言うことは極力控えましょう。

■ 知らずに本命候補から外されてない?

今回のヒントは、いかがだったでしょうか?

本命女子になるためには過酷な競争を勝ち抜いていかねばなりません。

ちょっとした行動でその地位を失ってしまうことは、非常にもったいないことです。

今回のヒントを参考にあなたの行動をぜひ一度チェックしてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ