戸田恵梨香&ムロツヨシが“運命の出会い” 10年間の愛の奇跡「大恋愛~僕を忘れる君と」<第1話あらすじ>

モデルプレス

2018/10/12 10:00

【大恋愛~僕を忘れる君と/モデルプレス=10月12日】女優の戸田恵梨香が主演を務めるTBS系新金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(毎週金曜よる10時~※初回15分拡大)が12日、放送スタートする。

◆戸田恵梨香主演「大恋愛~僕を忘れる君と」



今作は、年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静氏が描く完全オリジナルドラマとなっている。

主人公の若年性アルツハイマーにおかされてしまう女医・北澤尚役を戸田、尚を明るく支え続ける恋人・間宮真司役をムロが演じるほか、富澤たけし、杉野遥亮、松岡昌宏らが出演する。

◆第1話あらすじ



北澤尚(戸田恵梨香)34歳。母・薫(草刈民代)が院長を務めるレディースクリニックの医師として、忙しく働きつつも、充実した日々を送っていた。

雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、理想の条件にぴったり当てはまる年上の医師・井原侑市(松岡昌宏)とお見合いをして、婚約。プライベートも順風満帆だ。

しかし…。結婚式まであと1ヶ月と迫ったある日。尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いをする。

婚約中の医師と、引越し屋のアルバイト。一見、不釣合いな二人に見えた。だが、真司こそが尚の追い求めていた人だった…

初めて出会った本気の恋に真っ直ぐ突き進んでいく尚と、その迫力に圧倒されながらも次第に惹かれていく真司。

だが、二人の愛を阻むように、尚の身に“ある異変”が起こっていた…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ