100%PC画面で展開!全く新しい映画体験『search/サーチ』、デブラ・メッシングの特別インタビュー

海外ドラマNAVI

2018/10/12 09:00

物語がすべてPCの画面上で展開していくという斬新なアイデアと巧みなストーリーテリングが話題となり、本年度サンダンス映画祭観客賞を受賞した映画『search/サーチ』。10月26日(金)より全国公開となる本作に出演している、人気ドラマ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』のグレイス役でおなじみデブラ・メッシングのインタビュー映像が独占解禁となった。

【関連動画】映画『search/サーチ』 デブラ・メッシング、特別インタビュー、特別インタビュー映像はこちら

忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まるが、家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター...そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があった――。

本作でデブラは、マーゴット捜索を担当するヴィック刑事を演じる。『スター・トレック』シリーズのスールー役、ジョン・チョーが愛する娘の行方を追う父親デビッド役で主演。監督は、アメリカからインドへ里帰りする息子の旅をグーグルグラス(Google Glass)だけで撮影したYouTube動画「seeds」がネットで話題となり、映画界への切符をつかんだ若干27歳のインド系アメリカ人アニーシュ・チャガティ。本作が彼の劇場用映画デビュー作となる。

今回解禁となったインタビューでデブラは、「今どきの若い⼦たちは⽣まれた時からソーシャルメディアに親しんでいるから"僕たちの映画だ"と感じるはずよ」と作品の魅力を語る。その一方で、自身もシングルマザーであることに触れ、⾏⽅不明になった娘を必死に探すシングルファーザーの⽗親の想いに共感すると述べ、「親の世代は⽇々の苦労を思い出すかもね」とSNSの普及によって⼦供の⽣活や気持ちが見えづらくなっている現代の親世代の悩みにも思いを寄せている。

本作最大の特徴はその映像にある。最先端のデジタル技術を駆使し、物語全てがPC画面の映像だけで完結するという、巧みな手法により生み出された、全く新しい新感覚のサスペンススリラー。デブラが「映画の表現⽅法に変化をもたらした上に、ストーリーテリングの原則も変えてしまった」「映画史に残る画期的な作品としか⾔いようがないわ」と絶賛する映画『search/サーチ』は、10月26日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画『search/サーチ』
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給

あなたにおすすめ