『10月12日はなんの日?』「カントリー・ロード」で知られるSSW、ジョン・デンバーの命日

Billboard JAPAN

2018/10/12 07:00



10月12日は70年代に活躍したカントリー/フォーク系シンガーソングライター、ジョン・デンバーの命日。

ジョン・デンバーは1943年12月31日、アメリカ・ニューメキシコ州ロズウェル生まれ。父親の仕事の都合で全米各地を転々としていたデンバーは、60年代前半よりロサンゼルスを拠点に音楽活動を開始。自身の楽曲「悲しみのジェット・プレーン」が1967年にピーター・ポール&マリーにとりあげられ全米ビルボードNo.1を記録したことにより、一躍ソングライターとして注目を浴び、1969年に『ライムズ&リーズンズ』でメジャー・デビューを果たした。

ジョン・デンバーの代表曲といえば、1971年に発表した「故郷に帰りたい / Take Me Home, Country Roads」。現在、日本では「カントリー・ロード」としておなじみの同曲は、当時、全米ビルボード最高位2位を記録。以降、オリビア・ニュートン・ジョンを筆頭に多数のアーティストにカバーされ、ポップスのスタンダード曲として愛され続けている。そのほか、「太陽を背に受けて」(1973年)、「緑の風のアニー」(1974年)、「すばらしきカントリー・ボーイ」「アイム・ソーリー」(1975年)の4曲と、ベスト盤を含む3枚のアルバムで全米ビルボード1位を獲得している。

デンバーは1997年10月12日 、自身が操縦するプロペラ機の墜落事故により53歳でこの世を去っている。

あなたにおすすめ