北川景子 “強め”記者役に自信「十八番だったかも」

 女優の北川景子(32)が11日、都内でNHKの主演ドラマ「フェイクニュース」(20、27日後9・00)の会見を行った。

 北川はネットメディアの記者で、食品の異物混入事件の取材を進める過程で、社会の病巣に踏み込んでいく役どころ。「弱々しい役はあまり演じたことがない。(今回も強めの役で)十八番だったかも」と笑みを浮かべた。

あなたにおすすめ