イメチェン林遣都に「超絶可愛い!!!」の声!前髪パッツンで米倉から“ポチ”呼ばわり<リーガルV>

ザテレビジョン

2018/10/12 06:18

米倉涼子主演の木曜ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の初回が11日に放送された。ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)では長めだった前髪を眉上でバッサリとカットし、“打たれ弱い弁護士”青島圭太を好演する林遣都に、視聴者から「超絶可愛い!!!」「これが毎週見られるなんて…幸せ!」といった喜びの声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

同作は、元弁護士の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ/米倉)が訳あり弱小弁護士たちをスカウトし、大手法律事務所を相手に勝利(Victory)を懸けた戦いを挑むという次世代リーガルドラマ。

ある理由で弁護士資格を剥奪された翔子は、ペーパー弁護士の大学教授・京極(高橋英樹)、あがり症で打たれ弱い弁護士・青島(林)らをスカウトし新事務所を設立。第1話では、痴漢を疑われた会社員・安田(児嶋一哉)をめぐるエピソードが描かれた。

弁護士としての力量はありそうだが、自らは法廷に立てない翔子。青島は、そんな翔子の手となり足となり、事務所のため奮闘する。

■ “牧ロス”ファンに新たな光明

大ヒットドラマ「おっさんずラブ」ではSっ気のある後輩男子・牧凌太を演じた林。ドラマの盛り上がりの一翼を担い、終了後には“牧ロス”も巻き起こした。

そんな林にとって、本作は「おっさんずラブ」以来の連続ドラマ出演作。前髪をさっぱりと眉上で切りそろえた短髪にイメチェンし、あがり症の弁護士・青島としてファンの前に帰ってきた。

翔子から「知らない人にシッポふるのやめなさい、ポチ」「ポチひとりじゃなめられちゃうでしょ?」とペットのような扱いを受けながらも、弱者のため必死に巨悪に立ち向かっていく。

そんな林に、初回を視聴したファンからはさっそく「ぱっつん前髪キュンかわいい」「ポチ可愛い!!超絶可愛い!!!健気!!!」「法廷ではいいようにやられながらも姐さんを駅弁で釣る技を突然見せてくるギャップ!」「カッコいいとカワイイの両立がハンパない…しんどい…すき…」といった歓喜の声が殺到。

“ポチ”扱いから、「おっさんずラブ」副音声で田中圭に「遣都ってさ、ホント…チワワみたいな顔してるよね」と言われたエピソードを連想し、「林遣都=ポチ=チワワ。つながった笑」「ポチはチワワのポチなのね!牧…」と歓喜するファンも続出するなど、盛り上がりを見せている。

18日放送の第2話も、初回に引き続いて拡大版。パワーハラスメントを告発され不当解任を受けたという女性・美鈴(斉藤由貴)が京極法律事務所に依頼してくる。勝ち目のない戦いだとにらみ、一度は依頼を断ろうとした翔子。だが、美鈴の提示する多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受ける。

なお、被告側の代理人・白鳥美奈子を演じるのは菜々緒。米倉と菜々緒の美脚対決にも注目が集まる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165435/

あなたにおすすめ