アドバイスが的を得てないッ!やれやれだぜ…「頼りない上司」と、うま~くつき合う方法とは?

せっかく相談しても、アドバイスが的を得ていない…、トラブルが発生して、助けてほしいのに対応してくれない…。肝心な時に、頼りがいのない上司の下にいると、不安になりますよね。

それでも、業務を遂行するにあたり、上司とのリレーションは無視できません。なんとなく「頼れないな」と感じる上司へのやり場のない不安を、私たちはどのように消化すればよいのでしょうか。

人付き合いに疲れてしまい、コミュニケーションが苦手になっている皆さんへ。
これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」についてうかがうこの連載(→)。

今回は認知行動療法を用いて、「頼りない上司」との付き合い方を、あなたの考え方に合わせて紹介します。

丸山久美子(まるやま・くみこ)
まるっと空気を掴むMC、展示会専門接客アドバイザー、認知行動療法士
1982年、和歌山県生まれ。「人前で話せるようになりたい!」という憧れを叶えるべく、20歳で展示会プレゼンターとしてデビューするも、本番中に手が震えてマイクを落とすなど、さまざまな大失敗を繰り返す。「あがりを克服する方法」や「緊張をなくす方法」を模索するが、改善どころか逆にあがりに拍車がかかり、体調にまで悪影響が。しかし、憧れを捨てきれず、「あがり」や「緊張」と向き合い独自のメソッドを開発。再スタートを図る。以来、展示会やイベントへ3,000回以上出演し、リピート率90%を超える人気MCに成長。2015年から講師活動を開始。「人前で話せるようになりたい!」と願う全国の人々へ、「あり方とやり方」の両面から具体的なノウハウを提供している。
Twitter:Kumiko Maruyama(@maruyamakumiko)

こんにちは!まるっと空気をつかむMCの丸山久美子です。

この度「認知行動療法士」として、正式に活動を開始する事になりました!

私はMCや研修講師をしていますが、もともと極度の緊張しいで、マイナス思考が強いタイプです。しかし「人前で話せるようになりたい!」という夢を叶えたくて、認知行動療法を使いながら歩んできました。

認知行動療法とは、ストレスに対する捉え方や自分の心の状態を把握し、理想とする方向へ自分を導く方法です。

今回のテーマに沿って、質問を用意しました。実際に自分がその状況下に置かれているのを想像しながら、回答してみてください。

この質問を通して、あなたの心の状態、考え方のクセとその対処法を紹介していきます。

「頼りない上司」と、どうしたらうまく付き合えるのか

では、質問です。

質問
トラブルが発生し、上司に相談したいのに対応してくれない!
そんな時、あなたはどう思いますか? ABCの中で最も当てはまるものを選んでください。

A:「もぉ!上司なんだから、ちゃんと対応してよ!」
B:「どうしよう…自分でなんとかしなくちゃ」
C:「上司がダメなら、ほかに誰が居るかな?」


1つ選べましたか?

早速、テストの結果を見ていきましょう。

A:「もぉ!上司なんだから、ちゃんと対応してよ!」を選んだあなた

他人を批判できるのは、心が元気な証拠です。心が元気な時は、自分に自信が持てている状態と言えます。

しかし、その元気を向ける先をコントロールする必要があります。他人の批判にパワーを注ぐと、相手に苛立ちを感じ、自分を不機嫌な方向へ導いてしまいます。

パワーは、使うべきところで使うと効果を最大限に発揮するものです。相手の短所ではなく、自分の長所を見いだすほうへ使いましょう。長所を活かし、「どうやったら上司をうまく使えるか」など、戦略を練るのもオススメです!

B:「どうしよう…自分でなんとかしなくちゃ」を選んだあなた

心が疲れている可能性があります。物事を自分ひとりで抱え、解決しようとするクセがついているかもしれません。

真摯に自分の仕事や責任と向き合えるのは素晴らしい能力です。しかし、1人でできる範囲には限界があります。あなたの素晴らしい能力を自分の手で潰さないためにも、少しずつで良いので周りに頼る練習をしていきましょう。

いきなり誰かに頼るのが難しい場合は、うまく周りに頼っている人を見つけ、観察し、真似する事から始めてみましょう。

C:「上司がダメなら、ほかに誰がいるかな?」を選んだあなた

正常に心を保てている状態です。頭の回転も速く、目的達成への意欲にあふれ、活動的に過ごす事ができています。

しかし、あなたの周りにも上記のAやBタイプの人は居ます。もし、周りで批判したり、1人で抱えてしまっている仲間を見つけたら、あなたからその人に寄り添ってあげてください。あなたが居る事で救われる人が居るのです。心が正常な時こそ、周りへも良い影響を与えていきましょう。

 

いかがでしたか?

ついつい私たちは「上司は何でもできて当たり前」と思ってしまいます。

しかし、以前の記事「こんな上司はイヤだ…と思ったら、『何を』変えたらいいのか(→)」でも紹介したように、上司も1人の人間です。完璧ではありません。あなたより社歴が長い、年齢が上など、社内の規定に沿って上司に選出されている場合もあるのです。今は心もとないと感じる上司でも、失敗を繰り返しながら、そのポストにふさわしい人になっていくのではないでしょうか。

私たちが部下の立場である限り、上司に変わって欲しいと願ってもストレスが溜まるだけ。上司に態度を改めてもらう事は、至難の業です。結果として、自分の願いで自分の首を絞める事になりかねません。

まず、ストレスを感じる出来事が起こったら、瞬時にどう思ったかを捉える練習をしてみましょう。心の状態を把握し、自分を理想とする方向へ導いてあげてくださいね。

【参考図書】

f:id:k_kushida:20180131125958j:plain

『上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法』

著者:丸山久美子 出版社:同文舘出版

 

 

 


あなたにおすすめ