自動運転にも使われるLIDAR技術で、古代マヤ文明の6万以上の建造物が発掘される

181009-maya-lidar
Image: Science

新しい技術が古い文明を解き明かす。

ピラミッドを建築し、複雑な象形文字や暦法など高度な都市文明を持っていたとされる古代マヤ文明。密林に埋もれていた遺跡がリモートセンシングの技術によって発見され、その分析結果が発表されました。

先週、国際的な研究チームがScience誌に発表した論文は、マヤ文明の古代建造物を6万以上も発見したというものでした。彼らはLIDAR技術を搭載した飛行機でグアテマラ北部の森を2000フィート上空からスキャンし、そのデータから3Dマップを作成。そうすることで木々に隠れていた古代都市の存在が明らかになったのです。

LIDARは自動運転車にも用いられている、光を利用したリモートセンシング技術。以前、アンコールワットの遺跡群に使われたのと同じ技術ですね。

古代マヤ文明は紀元前1000から1500年にかけて、約2500年以上もの間、メキシコ南部やグアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス西部で栄えていた文明です。今回調査されたグアテマラ北部は、当時のマヤ低地にあたります。マヤ文明は最盛期の領土が9万5000平方キロメートルもあったとされていますが、そのほとんどが熱帯雨林のため、調査が困難とされていました。

メソアメリカ文明を調べるものとしてはかつてないほど大規模と言われた今回の調査では、2144平方キロメートルの領域をスキャン。そして、そこには6万1480の古代建造物があったことがわかりました。

3Dマップでは住まいや寺院、水路や堀など防御的な設備を備えた新しい村落や、農業用の段々畑や道路網など当時のインフラの姿が明らかに。沼地の多くには水路と運河があり、これまで役に立たないと思われていた数百平方キロメートルの低湿地が、実はとても豊作な農地だったことも発覚しました。

さらにチームは、データからマヤ低地には紀元後650年~800年の古典期後期にかけて700~1100万人が住んでいたと推測。チームの一員であり、考古学者のThomas Garrison助教によれば、この数字はこれまで考えられていたものの3~4倍なんだとか。そのため、当時の暮らしぶりや食料の調達、人口過密問題などについては考え直す必要があることを指摘しています。

今回の発見によって当時の都市やインフラの詳細がわかり、人口などマヤ文明についての従来の認識が覆されることになります。マヤ文明の謎が解明される日もそう遠くはないのかも…?

Source: Science via The New York Times

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ