見た目を本物の腕時計に近づけた「Galaxy Watch」、KDDIから


KDDIと沖縄セルラーは10月11日、auの2018年秋モデルとして、サムスン電子製のスマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。10月下旬より発売する。

ウォッチフェイスに円形ベゼルを採用したスマートウォッチで、「Always on機能」により本物の腕時計のような常時表示にも対応する。電話応対、メッセージの送受信、音楽再生、トラッキングをサポートし、これらの操作はベゼルを回転させることで実行できる。

新機能として、「ストレス・睡眠マネージメント機能」を搭載。心拍数などを継続的に計測し、高いストレスを検出した際などにリラックスできる呼吸法をユーザーに提供する。ほかにも、ウォーキング/ランニング/サイクリングなど、最大6つのエクササイズを自動で検出してガイドを提供する機能も搭載。エクササイズメニューは39種類以上を用意する。ヘルスケアアプリ「S Health」と連携させて、心拍数、カロリー、睡眠時間を記録し、自身の健康状態を細かくトラッキングすることもできる。

5気圧防水に対応し、Corning Gorilla Glass DX+を採用するなど、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」もクリアする耐久性を有している。

ラインアップは、46mmモデルがシルバー、42mmモデルがミッドナイトブラックとローズ ゴールドを用意。46mmモデルのバンドは22mmサイズ、42mmモデルは20mmのサイズに対応する。動作時間は46㎜モデルで最大168時間、42mmモデルで最大120時間。

おもな仕様は以下の通り。

OS: Tizen Based Wearable OS 4.0
CPU: Exynos 9110(デュアルコア1.15GHz)
内蔵メモリ: 768MB
ストレージ: 4GB
本体サイズ: 約W46×D49×H13mm(46mmモデル)、約W41.9×D45.7×H12.7mm(42mmモデル)
重量: 約63g(46mmモデル)、約49g(42mmモデル)
ディスプレイ: 約1.3インチ(46mmモデル)、約1.2インチ(42mmモデル)
バッテリー容量: 472mAh(46mmモデル)、270mAh(42mmモデル)
実使用時間: 約80時間以上(46mmモデル)、約45時間以上(42mmモデル)
耐久性: 5ATM、IP68、MIL-STD-810G
Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n
Bluetooth: 4.2
センサー: 加速度、ジャイロ、気圧、心拍、環境光
NFC: ○
カラー: シルバー(46mm)、ミッドナイトブラック(42mm)、ローズゴールド(42mm)

あなたにおすすめ