なにげに男性の視線が集中!「出会いを引き寄せる」服とは【オトナの婚活コーデ】秋

OTONA SALONE

2018/10/11 20:00



何を着て行けばいいのか、まったくわからなかった「婚活」。しかし、婚活歴は2年を超え、パーティやデートも50回以上経験。

40代で婚活中のOTONA SALONE編集長・アサミが自分なりのリアル婚活ファッションを公開中の【オトナの婚活コーデ】。今回で第5回目です!

婚活スタート前後で、大きく変わったこと


婚活を始める2年前(2016年)までと現在で、ワードローブの中で何が一番変わったかを考えてみたんです。一番違うのはワードローブに「赤」が増えたこと!

それ以前のワードローブは、黒、白、紺、グレー、ベージュ、カーキ、水色だけでした。ほとんどがベーシックカラーだったんです。ファッションプロデューサーの植松晃士さんのお言葉を借りるなら「男色」だけの洋服でした。

以前にも書いたことがあるのですが、ギャル雑誌から異動したら断捨離にハマりまして「おしゃれ迷子」になったんですよね(詳しくは『40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について』( https://otonasalone.jp/20384/ )で書いています)。

赤い服を着るようになった理由


赤の洋服が増えた理由は4つあります。

1.「パーソナルカラー診断(チェックテストはコチラ( https://otonasalone.jp/79791/ )に)がオータムなので、赤が似合う色だとわかったこと

2.「ラッキーカラー」が赤だと言われたこと(そのエピソードはコチラ( https://otonasalone.jp/4103/ ))

3.10年ちょっと前に脳科学評論家の澤口俊之先生を取材し「男性は心理的に赤に視線が集中しやすく、赤を身に着けた女性を魅力的に感じる(ロマンティック・レッド)という研究結果がある」と教えてもらったこと

4.「気分的に」赤が好きになった

この中でも注目なのが3番目の理由です。男性心理というのは、無意識に赤に目がいってしまうらしいと。取材のときに「合コンのときに赤を着ていくといいんですよ」と言っていたことはなにげにずっと記憶していました。ま、取材した当時は30代でしたが、合コンもしなければ恋愛に興味がなかったので、赤を着ようとはまったく思いませんでした。

ですが、10数年のときを経て、取材で聞いた知識を生かすときがやってきたわけです(笑)。知っておいて無駄になることはないんですね!

赤のワンピースに、流行のレギンスを




赤のシャツワンピースは今年の春に買いました。1枚でも着られるし、ボタンを開けてガウンのようにも着られるし便利かなと思って。

赤だけれどほんのりとしたツヤ感なので落ち着いて見え、シワになりにくいところが優秀です。コットン素材のシャツワンピースだと、立ったり座ったりしているうちにお尻のあたりがシワシワになったりするんですよね……。以前に持っていたんですが、オトナとしてよろしくないな、と。

この秋は久しぶりにレギンスが復活ということで、スリット入りリブレギンスのグレーを購入。春に買ったワンピにコーディネートして、秋仕様にしてみました。

リアルに「いい出会い」を引き寄せた⁉


このコーデは仕事で行った、ある飲食店のオープニングレセプションに着ていきました。大勢のかたが来るのでいろんな意味で「出会いのチャンス」なわけです。

そんな出会いのチャンスには大勢に埋もれない色を。目にとまりやすい華やかな色の服を着ていったほうが印象に残ると思って、この赤ワンピースをチョイスしました。ロマンティック・レッド効果を期待したわけです(笑)。

肝心の出会いはどうだったかというと? とりあえず、多くの方々と名刺交換はしました。いろんな出会いを引き寄せたのは間違いないと思います。その先の展開は……まだナイショです。そのうち「40代編集長の婚活記」( https://otonasalone.jp/tags/series-around40konkatsu/ )で書くと思います!

ワンピース IENA

レギンス GU

バッグ CELINE

ポインテッドパンプス(4cmヒール) NUMBER TWENTY-ONE

ピアス CELINE

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

#オトナの婚活コーデ( https://otonasalone.jp/tags/オトナの婚活コーデ/ )

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

#40代編集長の婚活記( https://otonasalone.jp/tags/series-around40konkatsu/ )



あなたにおすすめ