既読無視・既読にならない~!彼とのLINEお悩み応急処置法!

愛カツ

2018/10/10 19:45


LINEは便利なコミュニケーションツールである反面、それだけに相手の反応を細かく気にしてしまいますよね。

「見てるのはずなのに返事が来ない」「なかなか読んでもらえない」と気にしてしまうあなたへ!

今回はいくつか、応急処置法をご用意。不安になった場合にご活用ください!

LINEおなやみ

■ 絶対に連投しないこと

LINEは、見ればその場ですぐ返事を打てる便利なツール。ときにはその場で会話しているように感じます。

でも、その反動のせいか既読がついているのに返事が来ない場合、まるで無視をされているかのように感じることも……。

相手の反応が気になってしまいますよね。でもそんなときこそ、連投しないよう要注意。

連投すると、返事の催促に見え、プレッシャーになります。

さらに残念なこととして、ひとつひとつのメッセージが軽くなってしまう可能性も……。

たとえば、本当に答えてほしいメッセージを送ったとします。

でも、その後「やっぱり○○だった?」「ごめんね、○○だと思ったから」といった言葉を並べてしまうと、その言葉によって、前のメッセージの重要性が薄くなってしまうのです。

これをくり返すと、本当に聞きたい意見が聞けなくなってしまうと思いませんか?

■ 非表示モードを使う

ある意味、見えるからこそ気になってしまうのがLINEの返信。

ダイエットをしているときに、甘いスイーツの写真やグルメ特集などを見ると、余計に辛くなってしまうのと同じ原理かもしれません。

そこでおすすめなのが、LINEの「非表示モード」

iPhoneでは非表示にしたい名前やトークを左にスワイプ、Androidでは非表示にしたいトークを長押し。

表示される「非表示」ボタンをタップすれば、画面から一時的にトークを消すことができます。

内容が消えることもなく、相手にはばれる心配もありません。送信履歴を読み返して、ため息をつく回数を減らせるかも!

相手からラインがくれば普通に見れるので、何度も読み返してしまうタイプの方には、これがおすすめです。

■ 夜はスマホを別の部屋に

夜中にLINEで会話をするのが習慣になっている方も多いはず。

でも、返事がこないと気になって眠れない……、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなると美容にもよくありません。

思い切って寝るときは、スマホは別の部屋に置いて、寝るときは寝る。

このほうが悩まされずに済みますし、気にしない練習にもなります。

もし、朝起きても返事が来ておらず不安であれば、前日の話題に触れず、明るくおはようLINEをしてみるといいかもしれません。

■ スマホで映画を見る

別のことに集中する、というのも、LINEを気にしないでいられるいい方法です。

返事を待ってる間に不安になるなら、スマホで映画でも見て、経過時間を気にしないよう意識してみてはいかがでしょう?

面白い映画なら、逆にLINEの返事がきたときに、邪魔に感じられるかも!?

同じ時間待つのであれば、楽しく待てる方法を探してみましょう。

■ おわりに

LINEは見ていても、返事を打つほどの時間がなかったり、あとで返そうと思っていて忘れていたりということも多いもの。

実際のところ、気にするほどのことではないケースも少なくありません。

気にしすぎて辛いなら、思い切って気にしない方法をとってみて!この応急処置で、少しでも気持ちが楽になれば幸いです。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ