温泉でいい気持ち…になったのに替え下着を忘れてる! こんな時どうする?

ananweb

2018/10/11 19:00

【オンナの究極の選択!】温泉から上がっていざ服を着ようと思ったら下着を忘れていたことに気づいた! ノーパンで帰る? それとも履いていた下着をもう一度つける? 
■ 「こんな時どうする!?」

女は、ここゾという時に究極の決断を迫られることがあります。そんな状況に置かれたとき、あなたはどういうジャッジをしますか? これって私だけ? と思っていたジャッジも実は私だけじゃなかった! え? そんなジャッジの仕方アリ!? などキワドい二者択一の世界をとくとご堪能ください。

■ 温泉から上がっていざ服を着ようと思ったら下着を忘れていたことに気づいた!

ノーパンで帰る?それとも履いていた下着をつけて帰る?

気になる結果は・・・

anan総研調べ

■ ノーパン派

「お風呂でせっかくきれいになったのにもったいない!」(31歳・技師)「普段家ではお風呂上がりに下着をつけないので抵抗がない」(28歳・会社員)「見つからなければ大丈夫だし、むしろノーパンは健康的。実はよくやっています(笑)」(30歳・広告)「誰も見てない!と思い込む」(23歳・会社員)

■ 履いた下着アゲイン派

「下着を裏返しではく!」(21歳・学生)「心もとない。でもなるべくふわっと履く」(25歳・モデル)「ノーパンは日本ではアウトだと思います」(22歳・事務)「冷え性だからノーパンはあり得ない」(36歳・会社員)「自分のパンツだし…。履いてしまえば忘れてしまう」(28歳・メーカー)「ノーパンで風が吹いたりしたら…とか考えると絶対に無理!人前で歩けない」(27歳・営業)

「できれば履きたくないけど、何かあったら心配…」という懸念が勝り、下着アゲイン派が64%。それでもいろいろと策を練るようで「ショーパンとかズボンだったらトイレットペーパーを間にはさむ」という方もいました。なるほど!

そんな中で編集部内で爆笑をさらったのは「下着をふわっと履く」という意見!「ふわっとパンツ」は実際可能かどうかは置いといて、そうしたい思いはすごく共感! ノーパン派は「せっかくお風呂に入ったのに同じ下着をつけたくない!」という人が多い中で、意外と普段の生活の中でも「え? 私ノーパンですよ?」というanan総研女子もいたのが新鮮でした。

■ anan総研からの一言

「下着忘れたら、ふわっと履け!」

※2014年6月30日作成

(C)Deagreez/gettyimages

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ