【炎上】死亡16歳アイドルが受けたパワハラ全記録を遺族が暴露 / 事務所「お前の感想はいらん!」



美人アイドルグループ「愛の葉Girls」メンバーの大本萌景さん(16歳)が、事務所からのパワハラを苦にして首つりをして死亡したとされる問題で、新たな展開があった。

・9200万円の賠償請求で提訴
大本萌景さんの遺族が記者会見をひらき、事務所に対して真相を語るよう強く要望を出し、さらに9200万円の賠償請求で提訴したのである。そのなかで遺族は事務所から受けたパワハラの数々を暴露。事実ならば非常に厳しいものばかりで物議を醸している。

・事務所による過重労働とパワハラ一覧
1. 事務所「脱退するなら1億円支払え!」→ 翌日死亡
大本萌景さんは事務所から「脱退するなら1億円支払え!」と言われ、その翌日にイベントに姿を現さず、母親が自宅に行ってみると大本萌景さんが首をつって死亡していた。

2. 大本萌景さん「学校に行きたい」→ お前の感想はいらん
大本萌景さんは仕事で学校や行事を休みがちだったため、今回は学校に行きたいと思いイベントを休みたいと伝えたが、事務所は「お前の感想はいらん」と一蹴。学校には行けなかったため、学業と仕事の両立を阻害された。

3. 事務所「入学金貸すから高校行け」→ 貸さず入学不可能に
全日制の高校に入学する資金を事務所が貸す約束をしていたが、突如として事務所から「貸せません」と言われ入学することができなかった。

4. 午前4時30分に集合で翌日午前2時まで仕事させられた
早朝から深夜まで仕事で拘束され、眠る暇もなく過酷な環境で労働させられた。非常識な労働状態だが労働基準法違反としても重罪である。

5. 事務所「マジでブン殴る!」
大本萌景さんは事務所から「次また寝ぼけた事言い出したらマジでブン殴る パンチ!」と言われ、相談も許されない状況でパワハラを受けていた。

6. 休日は月1日のみ
大本萌景さんの休日は平均して月に1日だけで、そのほかはレッスンやイベントで休む暇もなく労働をし続けていた事が判明している。自宅と現場の往復時間も含めると高速時間は約11~13時間。

7. 母親が予定変更しようとしても変更不可能
母親が大本萌景さんの労働予定の変更を申し入れても事務所は変更を許さなかった。

8. 金銭的な厳しい制裁
遅刻や忘れものなどがあると報酬から金銭が差し引かれるなどの厳しい制裁があり、毎月なんらかのペナルティが発生。精神的な圧力を受け続け、強制的に労働させられていた。

9. 大本萌景さんの死後に事務所社長「私に責任はない」
大本萌景さんが亡くなったのち、事務所社長は「私に責任はない」と大本萌景さんの母親に対して発言し、自分には何も問題がなかったことを明言している。

oomotohonoka

・誰に相談しても事態は解決せず
たった16歳の前途有望な少女がみずから命を絶った今回のパワハラ騒動。誰に相談しても事態は解決せず、自分一人で悩み続けた彼女の心情を考える心が痛む。事実であれば、非常につらいものである。

・大本萌景さんは帰ってこない
今後、裁判によって大本萌景さんとその労働環境、そして所属事務所の真相が明らかになると思われるが、どんな結果になろうと、大本萌景さんは帰ってこない。それほど重大で悲しい出来事なのは間違いない。





もっと詳しく読む: 死亡16歳アイドルが受けたパワハラ全記録を遺族が暴露 / 事務所「お前の感想はいらん!」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/11/oomoto-honoka-enohagirls-news/



あなたにおすすめ