オードリー若林、山里からもらったお守りを粗末に扱い祟りに?

※画像は、『ボクらの時代』公式サイト より


10月7日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、お笑い芸人のオードリー・若林正恭、南海キャンディーズ・山里亮太、そして作家の西加奈子が登場。若林が山里からもらったプレゼントを意外な用途に使っていることを明かすなどし、みな大爆笑となった。

若林「お守りを電子レンジの台にしてる」



『結婚=女性との出会い』に関して語り合った3人だが、独身である山里は「モテない人間の特徴らしいんだけど、自分の結婚することへの恐怖を帳消しにしてくれる人との出会いが(結婚する)タイミングだと思ってるのよ。いつか理想の人が現れると思ってるブサイクが一番タチ悪いって(お笑い芸人の)ほんこんさんから聞いたんだ」と持論を語る。

しかし、ここで若林が「この前、酔っ払って言ってたもんね。『こうなったら、女子アナとか女優とでも結婚しないとやってらんねぇよ』って」とツッコむ。これに山里は唖然とした表情で「『肩書とか関係なく本音をさらした時が俺の本当の恋なんだ』て吐露した感じの後にさ、『山里のゴール、女子アナなんだ』って感じ、やめて。確かに昔言ってたけど」とオチをつけて笑わせた。

続けてトークは、若林が山里からもらったお守りの話題に。「新しく番組が始まる時に、山ちゃんから芸能の神様のお守りもらったんだ」と話す。

しかし山里が「普通だったら、うれしくて財布とかに入れるでしょ。お前あれ、どこやった?」と聞くと若林は「家の電子レンジの台にしてる」と衝撃発言。山里は「ラジオのオールナイトニッポンで聞いてゾッとしたのよ。電子レンジの立て付け悪いからって、俺のお守りカマして。で、言ったセリフが『願いがかなった』って。うるせぇよ!」と暴露し、みな大爆笑。

そして若林は「レンジのドア開けたりするときに、安定が無かったからお守りがちょうど良くて助かったのよ。でも芸能の神様だから、カマしたあと2つレギュラー番組終わったけどね」と話し、これには山里も腹を抱えて笑っていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ