北川景子「弱々しい役は演じたことがない」 強めの役は十八番

クランクイン!

2018/10/11 17:00

 女優の北川景子と脚本家の野木亜紀子が、11日に都内で行われた土曜ドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/10月20日、27日21時)の試写会に出席した。本作で真実を追求する記者役に挑んだ北川は、本作を含め自身が演じてきた役柄について「毎回毎回、わりかし強めの役です」と笑顔で語った。

【写真】土曜ドラマ『フェイクニュース』試写会フォトギャラリー

大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹(北川)が、食品への青虫混入事件をきっかけに、企業間の争いに巻き込まれていく姿を映し出す本作。NHKドラマ初主演の北川は「思慮深さと、またその思慮深い人間が間違いを犯してしまうということが後半に繋がっていくんですけど、そのあたりをしっかり描けたらいいかなと思っていたので、記者だからというよりは、樹というキャラクターがどんな人なのかをすごく考えて演じたと思います」と撮影を回想。

野木については「ずっとご一緒したいと思っていた」とニッコリ。今回の役柄と、同局で放送中の大河ドラマ『西郷どん』で演じている天璋院篤姫との共通点に話が及ぶと「芯の強さ」だと言い、「肉体的にも非常に強い女性になっておりますので、強さという部分では共通性があるのかなと思います」とも。また「反対に、弱々しい役柄というのを演じたことがなくてですね(笑)。毎回毎回、わりかし強めの役ですから、十八番といったところだったかもしれない」と笑顔で続けた。

そんな北川は、ネットニュースへの考え方について「私自身、非常に慎重な性格で、マスメディアの報道ですとか情報というものには必ず偏りがあると認識している」と発言。「目にした情報を鵜呑みにしないということと、聴き比べですとか見比べてみて、どこが報じていることが一番真実に近いのかな?とか。そういうことを取捨選択して見極める目を持つことが非常に大切なのかなとずっと思ってきた」としたうえで「(自分が)感じてきたことが、作品を通じて世の中に伝えられるというか、問題を投げかけることができるのはすごく良かったなと思っています」と振り返っていた。

土曜ドラマ『フェイクニュース』は、NHK総合にて前編が10月20日21時、後編が27日21時放送。

あなたにおすすめ