八島諒、松村泰一郎、登野城佑真ら出演『朱を喰らうモノの月』ビジュアル&配役が公開

エンタステージ

2018/10/11 12:02


010504.jpg

2018年10月より上演される舞台『朱を喰らうモノの月~標月島編~』。このほど、男性のみで描かれる、ヴァンパイアを題材にした本作のキービジュアル、個人ビジュアル、そして配役が公開となった。詳細は以下のとおり。

◆出演
アラン役:八島諒

イザナ役:松村泰一郎
ジュド役:登野城佑真
サトナ役:小俣一生
シオン役:蔵田尚樹
ローレル役:騎田悠暉(TOKYO流星群)

ブライ役:古川龍慶
グリア役:春川真広
ポルコ役:阿部大地
ルーク役:石井涼太
カイル役:船橋拓幹
ペリエ役:久保田浩介
トール役:酒井昂迪
福江健役:久保瑛則
桐森亘役:黒木歩夢
野崎誠役:宮本圭介
花栗モミジ役:咲楽星太
鮫瀬稔役:隅田滉太郎

ヴィラル役:浅倉一男

キービジュアルには、ヴァンパイアである八島、浅倉、松村、登野とともに、ヴァンパイアの宿敵である食人鬼を演じる古川がキャラクター性あふれるポーズで登場。物語の展開に期待が高まるものとなった。

舞台『朱を喰らうモノの月~標月島編~』は10月31日(水)から11月4日(日)まで、東京・新宿村LIVEにて上演される。

【公式サイト】http://szhuwo-stage.com/?_fsi=jXfEIUU3
【公式Twitter】@syuwokuraumono



(C)舞台「朱を喰らうモノの月~標月島編~」製作委員会

あなたにおすすめ