『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』奥山かずさが六本木パレード、ロングヘアー秘話も


テレビ朝日系で毎週日曜あさ9時30分より好評放送中の特撮テレビドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でパトレン3号/明神つかさを演じる女優・奥山かずさが、10月10日に東京・麻布警察署の「一日警察署長」を務め、「麻布地域安全のつどい&パレード」に参加。麻布警察署内で感謝状贈呈式が行われた後、マスコミによる囲み会見が行われた。

『ルパパト』の略称で子どもから大人まで幅広い年齢層に人気を博す本作は「スーパー戦隊シリーズ」の第42作であり、シリーズ初の「対立する2つの戦隊」を主軸に置いた作品。人間社会で悪事をはたらく異世界からの犯罪者集団「ギャングラー」から、不思議な能力を持ったお宝「ルパンコレクション」を奪い取る"快盗"ルパンレンジャーと、ギャングラーの暴力から善良な人々を守るため命をかけて戦う"国際警察"パトレンジャー。

対照的な2つの戦隊は、ギャングラーとの戦闘中にも激しく争い合うことがあるし、場合によっては警察が快盗に力を貸すこともある。子どもたちにとっては少しヤンチャな性格の快盗3人(魁利、透真、初美花)と、徹底的にマジメな警察3人(圭一郎、咲也、つかさ)のどちらにも大きな魅力があり、両戦隊ともに憧れのヒーローとして愛され、親しまれている。6月24日放送の第20話からは快盗と警察を自由に行き来するルパンエックス/パトレンエックスの高尾ノエルも加わり、ルパンコレクションをめぐるギャングラーとルパンレンジャー、パトレンジャーの争いはますます熾烈を極めていく。

実際に警察官の父を持つ奥山は、今年7月8日に神奈川県の港北警察署にて「一日警察署長」を務めた経験があり、今回の麻布署は二度目のイベントとなった。「麻布地域安全のつどい」を無事に務めた後、多くのファンと報道関係者が群がる六本木通りでパレードを行った奥山に感想を尋ねると、「今日は二回目の一日警察署長でしたから、決まったときはとてもうれしかったですね。一回目のときは緊張していたためにうまく務められなかったかな、と思うところもありましたが、今回は防犯について、自分なりにいろいろと考えることができたと思っています」と、二度目の警察キャンペーン参加ということで、リラックスして務めることができたと話していた。

パレードを行ったことについて、奥山は「もうとにかく人が多くて、ひたすら、みなさんにありがとうございますとお礼を言っていました」と、かけつけた多くのファンに感謝の気持ちを示し、「六本木の道路で、車に乗ってパレードするということ自体がこれまでありませんでしたから、いい経験ができたなと思いました(笑)」と、貴重な体験ができたことへの喜びを表していた。

奥山が演じるパトレン3号/明神つかさという役柄もまた、市民の平和と安全を守るため懸命に悪と戦うキャラクターであるため、今回のキャンペーン中でもついつい奥山かずさではなく明神つかさとしての顔になってしまうこともあったという。奥山はこれについて「みなさんの前で防犯について語っていたとき、"つかさっぽい"自分を感じました。つかさになりきって、多くのみなさんに犯罪からご自分の身を守ってもらいたい、という思いを伝えようとしていました」と目を輝かせて話した。また奥山はパレードの最中でも、パトレン3号のフィギュアを手にしたファンから「つかさ先輩!」と声をかけられると「ついつい、キリッとしたつかさの顔で敬礼をしちゃいました」と語り、まぶしい笑顔をのぞかせた。

ここで、放送開始以来『ルパパト』および奥山かずさを応援し続けてきたマイナビニュース(特撮)ならではといえる、少々マニアックともいえる質問を投げかけてみた。今年8月6日、劇場映画『ルパンレンジャーVSパトレンジャー en film』公開時、奥山にインタビューを行った際に「頭の後ろで束ねているつかさの髪は、実はウィッグだった」と語っていたが、あれから数か月、奥山の髪はどのようになっているのか?という質問である。これについて奥山は「あれから月日が経ちまして、もうウィッグではなく地毛で束ねられるようになりました!」と語り、長く美しい黒髪をかきあげて見せた。

改めて本日行われた「地域安全のつどい」について訊かれた奥山は、「自分はぜったい(犯罪に)巻き込まれないという思いを持っていたのですが、詐欺などの犯罪に引っかかるのは若い人に多い、というお話があり、意外だなと思いました。これから自分も気をつけていきたいなという気持ちになりましたし、同世代の友だちにも注意を呼びかけるなどしていければ」と、身近なところにある「犯罪」に巻き込まれてしまわないよう、自分や親しい人たちに注意をうながそうという意識を持つようになったと語った。

また、「不審な人物には気をつけたい」とパトレンジャーの仲間たちと話していたところ「つかさみたいに"護身術"で対応すればいいんじゃない、と言われ、私自身も習おうかなって思いました」と、自分の身を守るための努力をしていこうと意欲を見せていた。

フォトセッションで奥山は、さわやかな表情で見事な敬礼を決めたほか、パトレン3号/明神つかさになりきって、りりしい表情で決めポーズを披露した。

あなたにおすすめ