TOKIO松岡昌宏「付き合う夢見てた」中山美穂に32年越しの告白

モデルプレス

2018/10/11 12:31

【松岡昌宏/モデルプレス=10月11日】女優・中山美穂が10日放送のフジテレビ系バラエティー番組「TOKIOカケル」(毎週水曜よる11時~)にゲスト出演。TOKIOの松岡昌宏から“32年越し”の思いを告白される場面があった。

◆松岡昌宏、中山美穂を前に理性崩壊?



本番収録前から、ゲストを気にするあまり、ソワソワと様子がおかしかった松岡。いよいよ中山が登場すると、松岡は額の汗を拭きつつ沈黙。国分太一に「喋れお前!」と突っ込まれると、「よく喋れるね。ミボリンだよ?32年ですよ。ファン歴」と打ち明けた。

◆芸能界に入るキッカケは「中山美穂と結婚するため」



松岡は「僕、芸能界に入るキッカケ、『中山美穂と結婚するため』って言ってたんですよ」と続け、中山は「嘘でしょ!?」とびっくり。先輩のバックダンサー時代に歌番組で見かけても、恐れ多いために「絶対に遠くから帰りました」というほどの“ガチファン”ぶりを明かた。

途中松岡は「昌宏って言ってもらっていいですか?」と投げかけるなど、終始興奮気味。過去の中山の音楽番組でのハプニングを詳しく話し、国分からは「中山さんから聞きたいんだよ!」と突っ込まれる場面も。

◆松岡昌宏、中山美穂と2人きりに 真剣告白も



番組後半、城島茂が「2人きりで話してみませんか?」と提案するも、松岡は「それは違う!」と突然弱気に。しかし中山は承諾し、めでたくスタジオで2人で話すこととなった。

松岡は子供の頃、中山と付き合う夢を見ていたことも告白。「何で私のこと好きだったんですか?」と聞かれると、ドラマ『ママはアイドル!』で始めて女の子から女性になった“ミポリン”を見たといい「それからずっと好きでした」と思いを告白。中山から「今でも好きですか?」と尋ねられると、「もちろんっす!」と答え、「ずっとファンでいます」と伝えていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ