同じ職場の彼をGET♪ 社内恋愛のハウツーステップ4つ

カナウ

2018/10/11 12:30


同じ職場の彼をGET♪ 社内恋愛のハウツーステップ4つ

社内恋愛をしたことはありますか?

気になる、と思っても社内恋愛は危険と隣り合わせ……
そんな奥手女子に、気まずくならない社内恋愛の進め方をご紹介します!

女性ばかりの職場ではないかぎり、一度は社内の男性を意識してしまったことがある、という方が多いのではないでしょうか。

絶対に“社内恋愛はしない主義”なんて人も少なくはないでしょう。
仕事上、支障が出る可能性もあります。

社内恋愛に厳しい会社もあるでしょうし、まわりにも気を遣わせてしまうかもしれません。

そこで社内に気になる男性がいる場合、上手くいってもいかなくても、気まずくならないように上手にアピールする方法を紹介します。

失敗しない社内恋愛のハウツー 1. リサーチ


職場に気になる彼ができて、アプローチをかけたくなっても、まずは我慢。
せっかく同じ社内にいるのですから、相手の情報をリサーチすることが大切です。

「実は既婚者だった!」
とか
「すでに社内の女性と恋愛中だった!」
なんて事実があった場合は、おそろしい泥沼に発展してしまうかもしれません。

後戻りできなくなる前に、準備しておくこと。

少しでも恋の予感を感じたら、社内の情報通に確認してみましょう。

失敗しない社内恋愛のハウツー 2. 印象に残す


リサーチして、彼の周辺がクリアになったら、早速アプローチを始めましょう。

ですが、いくらあなたが肉食女子だったとしても、あまりグイグイいってはいけません。
なにしろここは会社内。
どこで誰が見聞きしているか、わかりませんよ。

相手が同期だったり、距離の近い人間であれば、なにかと絡んだり、思い切ってランチに誘ってみたりと、さり気ないアプローチはたくさんできますね。

同期でもなく、絡みのない部署の場合は、とにかく“彼の印象に残る”ことが大切です。
そのためにできることはすべてしましょう。

たとえば

・朝の出社時、帰りの退社時のあいさつ

・自販機、売店、はたまた廊下で少しでもすれ違う

・彼が近くにいるときは見つめて、目が合ったら逸らす

など、彼の視界に入る機会をとことん増やしましょう。

“見つめるけど目が合ったら逸らす”アピールは合コンでも有効ですが、男性の印象に残ることは間違いないので、ぜひ試してみてください♪

失敗しない社内恋愛のハウツー 3. 食事会をする


印象に残す作戦を実施して、彼の方からあいさつがくるようになったら、もうワンステップ!

実際にコミュニケーションを取りましょう。

同期や同僚なら仕事の相談など、いくらでも口実はありますが、そうではない場合は同僚にも協力してもらいましょう。

社内で3人以上での食事会は、わけなく開催できると思います。

最初のキッカケは

・同僚が社内の輪を広げたいらしいのですが、今度一緒にどうですか?

とか

・同僚がストレスたまってるようなので、飲みに付き合ってくれませんか?

なんて、なんでも同僚のせいにしてしまっていいのです。
もし上手くいかなかったとしても、気が楽になりますから。

そもそも会のセッティングも任せてしまってもいいかもしれません。

失敗しない社内恋愛のハウツー すきを見せる


最後のステップです。

2人でも3人以上でも社外で時間を共有できるようになったら、あと一歩です。

大切なのは“すきを見せる”こと。このすきは“好き”でもあり“隙”でもあります。

どちらも似たような意味合いではあるのですが……

男性は基本的に、よほどの肉食男子ではないかぎりは、
「自分でも落とせそう」
「自分に気がありそう」
と感じる女性を好きになる傾向があります。
これをうまく利用しましょう。

また、社内恋愛であれば、リスクを少なくしたいため肉食男子でも慎重になります。

なので、“好き”と“隙”をみせて、相手に来てもらいやすい環境を作りましょう♪

具体的には

・「◯◯君と付き合う彼女って絶対幸せ者だよね~!(私がなりたい)」

・「背が高くて一重の人タイプなんだよね!(もちろん彼の特徴)」

・「今後のお休み暇だなぁ……(誘ってくれないかな)」

・「おいしいモツ鍋屋見つけたの!(彼はもちろんモツ鍋好き)」

など、彼に“好き”アピールを出しつつ、誘いやすい空気を作ってあげましょう。

それでも誘ってくれない場合は……脈なしかもしれませんね。

以上、社内恋愛の必勝4ステップでした。

私はこの手で3回成功していますよ。

社内に気になる男性がいる方は、ぜひお試しください。

(白戸ミフル/ライター)

公開日:2017年10月22日
更新日:2018年10月11日



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ