長江俊和が自作のホラーミステリーを連ドラに!「『東京の怪異』に恐怖してください」

ザテレビジョン

2018/10/11 11:00

WOWOWでは2019年、東京二十三区の内、毎回一区のストーリーを描く一話完結のホラーミステリードラマ「東京二十三区女」を放送する。

原作は「放送禁止」シリーズ(2003年、フジテレビほか)などで知られる映像作家・長江俊和の同名小説(幻冬舎)。

物語は、東京都内の恐ろしい伝説が隠されたスポットを巡る、フリーライターの原田璃々子と、元民俗学講師の島野仁が、数々の二十三区の怪異に遭遇するというもの。ミステリー仕立てのサプライズストーリーが、後日発表される豪華女優陣により展開される。

失踪した母を求めて渋谷区の暗渠(あんきょ)に迷い込んだOL、江東区の“夢の島”に死体を隠す愛人の女、老いらくの恋と"池袋の女”の謎など、禁断の事件の封印を解いた時、想像を絶する恐怖が訪れる。

■ 長江俊和 コメント

「東京が繁栄した陰には、恐るべき伝承や怪異が数多く存在します。そのことをテーマに『東京二十三区女』という小説を書きました」と語る長江氏は、本作の脚本・監督も担当。ドラマ化にあたり「東京二十三区の怪に翻弄(ほんろう)された人間たちの悲哀や愛憎、狂気の部分に主眼を置いて、描くようにしました。知られざる『東京の怪異』に恐怖してください」とコメント。

続けて「板橋区の“縁切榎”に運命を翻弄される医師の妻。品川区の事件現場を巡る女と鈴ヶ森刑場の怪。東京二十三区――誰もが知っている“あの場所”の誰も知らない過去を知るとき、『本当の秘密』を知る」と語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165178/

あなたにおすすめ