老舗フレンチレストランでいただく絶品のポークジンジャー / 東京都中央区京橋の「レストラン・サカキ」

GOTRIP!

2018/10/15 14:19

東京都中央区京橋。

かつて存在した京橋川に架けられていた中央通りの橋に由来するこの町は、江戸時代においては文化の拠点でもあった。

現在では、八重洲・京橋エリアには多くのオフィスが多く立ち並び、清水建設や味の素、株式会社クボタなど、日本を代表する大手企業が本社を構える場所としても有名な場所となっている。

そんな京橋エリアにおいて、多くの人々を唸らせる絶品の洋食店がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介するお店「レストラン・サカキ」だ。

・創業1951年の老舗洋食店。夜はフレンチ、昼は洋食店となるお店、それが「レストラン・サカキ」
こちらのお店、創業1951年(昭和26年)の老舗洋食店。

1951年(昭和26年)といえば、第二次世界大戦が終わり、わずか6年しか経っていない年。

時代は朝鮮戦争の真っ只中であり、戦争特需によって戦後の日本が徐々に豊かになっていく、そんな時代であった。

当時は、第1回NHK紅白歌合戦が放送され、日本初のプロレスが興行され力道山がデビューするなど、ラジオからテレビへと時代が移り変わり、さらには日本航空が設立され、飛行機の営業もスタート、現在の日本へと繋がる事業が次々と勃興していた、そんな時代に、こちらのお店は産声をあげたのだ。

現在では、こちらのお店、夜はフレンチ、昼は洋食店となるお店。

ミシュランガイドでも、コストパフォーマンスが高いお店に与えられる「ビブグルマン」を獲得したほどのお店のランチは非常に人気のため、行列覚悟で訪問する事をオススメする。

またランチメニューは限定のものが多く、早く行かなければ売り切れてしまう、そんなメニューもたくさん存在するため、注意が必要だ。



・オススメしたいあの林SFPを使った絶品のポークジンジャー
こちらのお店、様々なメニューが存在しているのだが、


オススメしたいのが、あの林SFPを使った絶品のポークジンジャーだ。


まずこちらのポークジンジャー、非常に分厚いのだが、非常に柔らかく、どこまでもジューシーな豚のウマミを堪能する事ができる。

また表面はカリッと仕上げられており、豚肉のウマミと生姜ダレが非常に良く絡むため、ご飯との相性も抜群だ。


そして特筆したいのが脂身。

豚肉のウマミと甘みだけを感じる事ができるロースの中心は、噛み締める度に豚肉の味わいを堪能する事ができる。

東京広しといえども、ここまで美味しい豚肉の生姜焼きを堪能できるお店は、なかなか無いだろう。


・追加したい絶品のエビフライ
もちろんポークジンジャーだけでも充分なのだが、もしお腹に余裕があるのであれば、単品でエビフライをオーダーすることをオススメしたい。


カラっと香ばしく揚げられたエビフライの下には、たっぷりの特製タルタルソースが敷き詰められている。

ぎっしりと身のつまったエビフライにレモンをギュッと搾ってタルタルソースと頬張れば、自然と笑顔がこぼれてしまう。

そんな人を自然と笑顔にしてくれるエビフライ、それがレストランサカキのエビフライなのだ。



季節は食欲の秋、美味しい秋の味覚を味わうために、昼は美味しい洋食店、夜は美味しいフレンチとなるこちらのお店で、美味しいメニューを味わってみてはいかがだろうか。

きっとそこには、他ではなかなか味わえない、美味しいメニューを体験できるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 レストラン・サカキ (RESTAURANT SAKAKI)
住所 東京都中央区京橋2-12-12

営業時間 
・洋食
月~金 11:30~13:40 (ラストオーダー)
・フレンチ
土 12:00~13:30(ラストオーダー)
月~土 18:00~20:30 (ラストオーダー)

定休日 日曜・祝日・第2土曜昼
お店の公式ホームページ http://www.r-sakaki.com/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ