クリプトンからハイレゾ音源対応のデスクトップオーディオシステム

OVO

2018/10/11 10:41


 オーディオのクリプトン(東京)は、ハイレゾ対応のデスクトップオーディオシステム「KS-55(ダブルファイブ)」を10月上旬に発売した。KSシリーズ最小のボディとハイレゾ並みの高音質伝送が可能なaptX HDに対応しているのが特徴。価格は9万2,500円(税別)で、鮮やかなレッド(R)と精悍なシルバー(S)の仕上げを用意する。同社Webショップの専売品。

ほかのKSシリーズと同様、オリジナルの入力から出力までをデジタルで処理するフルデジタルアンプとデジタルクロスオーバー、各スピーカーを個別のアンプでドライブするバイアンプで構成し、ハイレゾ音源の高いポテンシャルをそのままに再現するように図っている。

前述のBluetoothコーデック、Qualcomm apt X HDは、48kHz/24bitのハイレゾ伝送に対応し、CD相当のapt Xにも下位互換となっている。また、AACにも対応しており、AndroidスマホもiPhoneもワイヤレスでいい音を楽しめる。

高さがiPhone8とほぼ同じというラウンドフォルムのアルミキャビネットの本体には、音に定評あるデンマークの専門メーカー製を採用。キャビネットに起因する歪みを大きく抑え、滑らかで小型とは思えない低音を得ているという。内蔵アンプ出力は50W、入力はUSB2.0 TypeB/光デジタル/アナログ(ステレオミニ)、本体1台の大きさ/重さは、幅159.5×高さ109×奥行203.4mm/2kg(右ch)。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ