キャサリン妃、1年前のドレスを着て公務へ 「弟夫妻とはオーラが違う」200万円コーデのメーガン妃と比較する声も

現地時間9日、英王室ウィリアム王子とキャサリン妃が第3子ルイ王子誕生後、初めて共に公務へ臨んだ。昨年7月のロイヤルツアーで着用したライラック色のドレスを“再利用”して公務に臨んだキャサリン妃については、「時折こうして同じものを着用する姿には好感が持てる」「産後6か月未満、しかも3人目の出産だったのに、もう産前のドレスが入るなんて!」と人々の称賛を集めている。一方で先日、総額およそ200万円のファッションが話題になったメーガン妃を引き合いに出し、キャサリン妃の慎ましやかさと比較する声もあがっている。

10日の「世界メンタルヘルス・デー」に先駆け、ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が9日、ロンドンで開催された「グローバル・ミニステリアル・メンタルヘルス・サミット」に出席した。

4月に第3子のルイ王子が誕生して以来初となったこの日の2人一緒のジョイント公務、今回もキャサリン妃のファッションには大きな関心が集まったようだ。この日は「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のライラック色のAラインドレスをチョイスしたキャサリン妃。同ブランドは妃のお気に入りだが、最近では義妹メーガン妃も愛用している。美しいラインと鮮やかな色がパッと目を引くこのドレス、実は昨夏のポーランド、ドイツへのロイヤルツアーの際に着用していたのと同じものだ。第3子出産からわずか6か月弱で、もう産前愛用していたドレスをスッキリ着こなすキャサリン妃には称賛の声があがっている。

足元の「ジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)」のパンプスも、キャサリン妃のご愛用アイテムだ。この日は「ASPINAL of LONDON(アスピナル オブ ロンドン)」のクロコダイル柄の小ぶりのバッグと色味を合わせ、ドレスを引き立たせた華やかなコーディネートとなった。

“ロイヤルファッション”のアイコンであるキャサリン妃は、良質ブランドのものを長く愛用することで知られており、先日の産後初公務でも愛用して14年になる「ペネロペシルバーズ(Penelope Chilvers)」のロングブーツを着用していた。

のちにSNS上でウィリアム王子とキャサリン妃が「フレンドシップベンチ」と呼ばれる木製のベンチに並んで座ったツーショットが公開されると、爽やかな笑顔を浮かべる夫妻の姿にたくさんのコメントが書き込まれた。

「これぞロイヤルの鑑!」

「ウィル&ケイトが帰ってきた!」

「首を長くして待っていた。おかえりなさい!」

「未来の国王&王妃にふさわしい。愛してる!」

など、ケンジントン宮殿公式SNSは久しぶりの2人のジョイント公務に歓喜するコメントが続々と書き込まれた。

なかには、

「最高にお似合いの2人。弟夫妻とは溢れ出るナチュラルなオーラが違う。」

「高価なブランド品を取っ替え引っ換えしなくても、キャサリン妃には内面に兼ね備えた美しさがある。」

「やっぱり英王室でダントツ好きなのはウィル&ケイト!」

と最近何かと話題の多いヘンリー王子&メーガン妃と比較したコメントも多数見受けられた。

先日初の単独公務で「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」を訪問したメーガン妃は、当日のコーディネートが推定総額200万円超とも報じられていただけに、1年前のドレスを堂々と着こなし華やかなオーラを放つキャサリン妃とは、またしても比較される形になってしまったようだ。

画像1枚目は『Kensington Palace 2018年10月9日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge take a seat on the Friendship Bench at the first Global Ministerial Mental Health Summit, which aims to promote better mental health for all.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ