米倉涼子が“絶対に許さない!?”弁護士役に挑む!【秋ドラマ人物相関図(木曜ドラマ編)】

ザテレビジョン

2018/10/11 10:00

10月に入り秋ドラマが続々とスタート! 木曜放送から「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)、「黄昏流星群」(フジテレビ系)、「プリティが多すぎる」(日本テレビほか)をピックアップ! その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。

米倉涼子が破天荒な元弁護士に挑む「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」

米倉涼子が「ドクターX―」(2012~2017年テレビ朝日系)と同枠に新作ドラマで主演。弁護士資格を剥奪された、自由奔放な元弁護士を演じる。

敗訴で落ち込む弁護士・青島(林遣都)が断崖に立っていると、翔子(米倉)がスカウトに現れる。大手弁護士事務所をクビになった翔子は、ペーパー弁護士の大学教授・京極(高橋英樹)を無理やり説得し、新事務所を開いたばかりだった。青島が事務所に向かう途中、一流企業の社員・安田と女子学生・麻央がモメる痴漢騒動に出くわす。弁護の依頼を持ってきた青島に翔子は「売れない弁護士がやるクズ案件」と切り捨てるが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変える。(第1話)

■ 米倉涼子自撮りでクランクイン!

崖の上でのクランクインの際、元弁護士・翔子を演じる米倉涼子は現場に入るや否や海の景色をパシャリ。続けてスタッフを含め自撮りをし、「イエーイ!」と上機嫌に現場を楽しんでいた

■ 人生折り返しの男女の恋模様を描く「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」

人生の折り返し地点へと差し掛かった男女の恋をつづる大人の恋愛物語。

主人公の完治(佐々木蔵之介)は入社以来仕事一筋な銀行員。しかし、上司のパワハラ疑惑をきっかけに、突然取引先の荻野倉庫への出向を命じられてしまう。理不尽な左遷にショックを受け、自身の人生に疑問を抱き始めた完治は、傷を癒やすために家族に出張と偽ってスイスへ。そこで、同じく一人で旅をしていた美しい女性・栞(黒木瞳)と出会い、久しぶりのときめきを覚える。一方、完治の妻・真璃子(中山美穂)は夫の浮気を疑いながらも、口に出せずにいた。そんな中、大事な一人娘・美咲(石川恋)が婚約者・春輝(藤井流星)の存在を明かし、家に連れてきたいと話す。(第1話)

■ 佐々木&中山が暑さでダウン寸前!?

猛暑の中、秋冬の衣装を身に着け撮影が進んだ同作。中山は「夏の撮影は二度としない!と思ったほどでした(笑)」と話し、佐々木も「コートとマフラーはきつい…」と苦笑いをしていた

千葉雄大がカワイイに悩む!?「プリティが多すぎる」

原宿系ファッション誌の編集部を舞台にした“カワイイ”が分からない編集者・新見(千葉雄大)の成長物語&お仕事ドラマ。

文芸編集部のエースの新見は、突然「Pipin」へ異動することに。ふてくされて出社した新見は、編集者たちの姿勢を理解できず編集部員・利緒(佐津川愛美)と衝突する。(第1話)

■ 千葉はもはや女優!?

ポスターは、原宿風だった千葉。つけまつげやネイルはもとより、パックもしてから撮影開始。スタッフから「女優!」との声が

■ 「科捜研の女」

1999年から続く科学捜査ミステリーシリーズ。京都を舞台に、マリコ(沢口靖子)を中心とした科学捜査研究所の研究員らが、科学鑑定技術を武器に事件の真相解明に挑む。今作でも“新選組に扮したマリコ”など、衝撃的なマリコのワンカットが登場。

■ 「ブラックスキャンダル」

山口紗弥加がドラマ初主演。身に覚えのない虚偽の不倫謝罪会見により、全てを失った元人気女優が、陥れた人々に復讐をするため、整形で顔と声を変えて芸能事務所のマネジャーとなる(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165210/

あなたにおすすめ